つやプラ

つやっときらめく美をプラス

外出先で簡単お直し!「手を汚さないプチプラコスメ」2選


岸田茉麻

IMG_2733

「メイク直しの際に、手を汚さずにササッとメイクできたら」なんて思うことはありませんか?

コスメコンシェルジュの筆者が、かさばらず持ち運びにも便利な、注目の「プチプラコスメ」を2つご紹介します。コスメの特徴はもちろん、実際に使用してみた感想や使い方のコツもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

外出先でもササッとお直し!手を汚さないプチプラコスメ2選

■注目のプチプラコスメ2選

(1)M クッション ファンデーション(プロカバー)/ミシャ

M クッション ファンデーション(プロカバー)/ミシャ

化粧下地、ファンデーション、日焼け止めが1つになった高機能のファンデーションです。カバー力に特化しており、ほのかなパールが感じられるため、肌のくすみを自然にカモフラージュしてくれます

写真のように、コンシーラーを使わなくてもニキビ跡が自然にカバーできます。パフを使ってポンポンと軽くなじませるだけで、セミマットな肌が完成します

写真のように、コンシーラーを使わなくてもニキビ跡が自然にカバーできます。パフを使ってポンポンと軽くなじませるだけで、セミマットな肌が完成します。手軽に、そして手を汚さずメイク直しができるコスメです。

実際につけてみると、サラサラ感があってべたつきにくい使用感でした。

「メイクがヨレやすい夏場が心配」という方や脂性肌の方は、フェイスパウダーを軽くのせることで、崩れにくくする使い方もできます。

SPF50+PA+++という紫外線カット力に加え、保湿成分「アデノシン」などが配合されており、ハリ感のあるメイクアップ仕上げが期待できるコスメといえます。
(全2色 15g SPF50+PA+++ 税抜価格1,500円)

(2)リシェ パウダーチップ アイカラー/ヴィセ

リシェ パウダーチップ アイカラー/ヴィセ

チップでぼかせるタイプで、ひと塗りするだけでアイカラーが完成します。手を汚すことなくメイクアップが楽しめます。

特徴は、チップの先端がとがっていることです。アイホール全体に塗布することもできれば、目のキワに沿ってライン状に塗布することもできます

基本的には2色を選んで組み合わせるアイカラーなので、自分好みにカスタマイズしてメイクが楽しめるのも嬉しいポイントですね。

「BE-1」をアイホール全体に伸ばし、「RD-7」を目のキワに塗布していきます。高発色、そしてメタリックなアイメイクに仕上がります

筆者が使用しているのは、「BE-1(ピンクベージュ)」と「RD-7(バーガンディ)」です。「BE-1」をアイホール全体に伸ばし、「RD-7」を目のキワに塗布していきます。高発色、そしてメタリックなアイメイクに仕上がります。

使用前は「ラメが飛ばないか」「パウダーがまぶたになじまなかったら」という不安もありましたが、使ってみると、パウダーにオイルが含まれていて、まぶたにピタッと密着してヨレにくいところが便利です。

アイシャドウのコンパクトに付属されているチップよりも持ち手が長くて使いやすく、スマートなサイズ感で持ち運びやすい点がポイントです。ほんのひと塗りでつややかな目元に仕上がるので、仕事帰りの食事会やプライベートに楽しめるコスメだと感じました。

アイシャドウがよれてしまった時のお助けコスメとしてもいかがでしょうか。
(全8色 ノープリントプライス)

メイクを直したくても時間がとれなかったり、化粧室でメイク直しをしている姿を他人に見られたくないという人も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介したコスメは、手を汚さずささっとメイク直しができるアイテムなので、1つ持っておくと便利です。いずれもドラッグストアやバラエティショップで販売しているので、注目してみてくださいね。

(コスメコンシェルジュ/美容ライター 岸田茉麻
日本化粧品検定1級保有。美容部員の経験を生かし美容ライターに転身。コスメのみならず、食生活や生活習慣を含めた美容に役立つ情報を発信中。)

【関連記事】
石鹸で落とせる!秋冬におすすめの「アイシャドウ」3選
すっぴん美肌を偽装!?プロが教える、ファンデの使い分け術
美容家もヘビロテ!マルチに使える「プチプラコスメ」2選
メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番

【参考】
M クッション ファンデーション(プロカバー) – ミシャ
リシェ パウダーチップ アイカラー – ヴィセ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

見た目年齢−7歳!?雪のような美肌に導く「Cゾーン」ケアって?

美意識が高い人ほど、自分の肌に次々と現れるエイジングサインが気になり、それに対するケアに終始しがちです。けれど実際に見た目年齢を左右するのは、ひとつひとつの「ポイント」ではなく、「ゾーン」なのです。 …

  • 40代
  • 紫外線

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら