つやプラ

つやっときらめく美をプラス

肌は何歳からでもキレイになる!40歳から輝くための美容習慣


つやプラ編集部

300x300

美しく年齢を重ねている美容のプロに、40代の美のスキルをアップするためのヒントを伺うインタビュー。

美容家・深澤亜希さん

今回は、まさに「つやプラ」世代でもある美容家・深澤亜希さんに、40代を迎えて変化したことや、キレイのために毎日習慣にしていることなどを伺いました。

肌の変わり時こそチャンス!ケアの見直しで目指せ「二度めのハタチ」

ーーつやが溢れ出る美肌とハッピーなオーラがとても魅力的な深澤さん。年齢による変化を感じることはありますか?

もちろんありますよ! はじめにゆるく感じたのは35歳。続いて39歳の時に激しく感じました(笑)。

疲れが取れにくかったり、肌の調子が悪くなった時に30代前半と同じ方法ではなかなかリカバーできなかったり。これまでとは明らかに違うと感じました。

美容のお仕事を続けられないかも? と不安になるくらいの変化でした。

ーーそういった変化にどう対応されたのでしょうか?

これまでの生活パターンや使っているものなどを一新しました。具体的には、スキンケアの方法を変えたり、サプリを飲み始めたり。エイジングを意識したお手入れを始めました。

変わり時はとても調子が悪かったですが、徐々に安定してきて、今は「二度めのハタチ?」というくらい調子がいいです!

「お風呂でクレンジング」は肌の乾燥を加速させる!

ーースキンケアを変えたというお話ですが、具体的にはどんなことを?

まず、これまで以上に保湿をしっかりするように意識しました。

クリームを365日毎日使って、目元・口元などのポイントケアもこれまで以上にきちんとする、といった基本的なことを改めて徹底しました。

肌のために止めたのは、ダブルクレンジング。乾燥肌なので、以前から洗い過ぎないように気をつけていましたが、30代後半でダブル洗顔不要の2in1タイプのクレンジングにチェンジしました。

ーー保湿だけでなく、落とす段階から見直されたのですね。

洗顔の見直しは潤った肌のために必須だと思います。

例えば、洗顔で汚れだけでなく必要な皮脂まで取り去ってしまった状態を-10、汚れだけを落とした状態を±0だとしますよね。そのあと同じように保湿をして、より潤った肌になるのはどちらでしょう?

-10までいってしまった肌は、頑張って保湿をしても±0に戻るのが精一杯ですが、±0からスタートすれば、保湿の効果が出やすいですよね。洗顔を見直すと肌がグッと良くなるのはこのためなんです。

裏返して言えば、保湿をどれだけしっかりしていても、洗顔で肌の潤いまで奪ってしまうと、保湿の効果が出にくくなってしまうのです。

ーーダブルクレンジングを見直す以外に、落とす段階で気をつけることはありますか?

みなさん、クレンジングはどこでしていますか? お風呂場でしている人も多いと思いますが、クレンジングを洗面所でするだけで肌が変わると思います。

ーー私もお風呂場でクレンジングしていました…どうしてお風呂場ではダメなんでしょうか?

まず、お風呂場は蒸気で湿っているので手も顔も濡れてしまい、きちんとメイクが落とせません。さらに、洗面所で鏡を見ながら丁寧にクレンジングするのに比べて、お風呂場ではどうしても雑になりがちなので、洗い残ししやすい点も肌にとってマイナスですね。

すすぐ時のお湯の温度も問題です。お風呂場でクレンジングをすると、体を流すシャワーで顔も流してしまいがち。そうすると、お湯の温度が高すぎて、必要な皮脂まで洗い流してしまうのです。

シャワーの水圧も肌への負担になるので、お風呂場でのクレンジングはおすすめしませんね。

毎日お風呂でマスク! ぐんぐん浸透してふっくら肌に

美容家・深澤亜希さん

ーークレンジングは洗面所で! ですね。40代になって新たに始められたことはありますか?

毎日、お風呂でマスクをするようになりました。

洗面所でクレンジングを済ませ、肌をチェック。乾燥している時はシートやクリーム、ザラつきが気になる時はクレイなど、その日の肌状態に合わせたマスクをしてお風呂へ入ります。湯船に15分くらい浸かってからマスクを外して、シャンプーなどをします。

ーーお風呂でマスクをするといいのはどうしてですか?

スキンケアが浸透しやすい肌状態のことを「し・み・け・あ」と説明しているのですが、「お風呂でマスク」はまさにこの状態!

「湿っていて(し)、密閉されていて(み)、血行が良くなって(け)、温まっている(あ)」

お風呂でマスクをすると、毛穴も開いて浸透がよくなるので、肌がふっくら柔らかくなりますよ。クリームマスクをする時は、すすぐ前に軽くリンパを流すようにマッサージをすると、肌色も明るくなります。

ーー他にエイジングを意識して取り入れているお手入れはありますか?

40代は代謝ケアもマスト! マイルドな酵素洗顔でくすみもオフ

年齢とともにターンオーバーが遅くなってくるので、肌の代謝を促すケアをしています。ピーリングやゴマージュなど色々なタイプがありますが、私は酵素洗顔を3日に一度くらいの頻度でしています。

泡立つのでこすらずに済み、肌にダメージを与えにくいのがいいですね。スキンケアの浸透が上がりますし、くすみが一度で明るくなります。

正しく代謝していて、きちんと保湿されていれば、肌はいい状態を保つことができます。乾燥したり、揺らいだりしにくくなるので、40代はぜひ代謝ケアを取り入れて欲しいですね。

ーー年齢による変化にきちんと向き合っているからこその美肌なんですね。

誰しも歳を取りますし、それに伴って体も肌も変化します。それを悲観的に捉えるのではなく、「自分の肌が変わり時=お手入れを見直すチャンス」と前向きに楽しみたいと思っています。

生きている限り、何歳からでも、お手入れすればするほど肌はキレイになります。仕事や恋愛と違って、「こんなに頑張ったのに結果がついてこない…」ということがないんです。

いわば、ノーリスクハイリターンの投資ですよね。「今からじゃ手遅れでしょ?」なんて言わずに、心地よくケアできるアイテムを見つけて、楽しみながらお手入れをしてみてください。

「楽しくケアをすればするほど、肌がキレイになって、さらにお手入れが楽しくなる」という魔法のようなサイクルがきっと出来上がりますよ!

【深澤亜希さん プロフィール】

深澤亜希さん

美容家・ビューティースキンスペシャリスト

1977年生まれ。幼少期をタイで過ごし、高校はアメリカへ留学。現在は、書籍の執筆や女性誌、WEB、テレビなどへの出演のほか、化粧品会社や商品開発のアドバイザーなど幅広く活躍。著書に『人より輝く魔法』(宝島社)などがある。「女性は自分に合った正しい美容法を行えば誰でも必ずキレイになれる」をモットーに発信するビューティーメソッドやメッセージは、キレイになれる上、気持ちも前向きになると女性からの支持を集めている。

【関連記事】
シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら