つやプラ

つやっときらめく美をプラス

40・50代は黒より●●で若見え?目元が老けないアイメイク

メイクアップアドバイザー
伊早坂美裕

マスクをすると、目元が目立つことで老けて見えることはありませんか? もしかすると、知らず知らずのうちに老け見えにつながるアイメイクをしてしまっているのかもしれません。

マスク 目元

メイクアップアドバイザーの筆者が、マスクで目元が老けて見える人のアイメイクの共通点と解決法をご紹介します。

■アイラインもマスカラもブラックを使っている

マスクで目元が老けるのはなぜ?NGアイメイクの解決法

目元印象をはっきりさせようと、アイラインもマスカラもブラックを使っていませんか?

確かにブラックは目元のフレームをはっきり際立たせ、印象的な目元にしてくれます。しかしブラックは、年齢を重ねれば重ねるほど風格や凄みが出て見えるので、若々しさからはかけ離れた印象になります。

アイラインとマスカラはブラウンがおすすめ

マスクで目元が老けるのはなぜ?NGアイメイクの解決法

アイラインとマスカラをブラウンにすることで、ブラックよりも優しい印象になります。また、ブラックに比べて、目元のくすみと同調しづらいので、目元の印象を明るく見せることができます。

あまり明るいブラウンは40・50代の肌から浮いて見えやすいので、ミディアムブラウンダークブラウンを選ぶのが、若見えするポイントです。

■立体感を意識したアイメイクをしている

マスクで目元が老けるのはなぜ?NGアイメイクの解決法

立体感を意識したアイメイク自体は悪くないのですが、40・50代が若い頃は、立体感というと影を足すメイクが主流でした。アイシャドウパレットの一番濃いカラーを目のキワにのせ、目尻の三角ゾーンを濃いカラーで締めるなどのアイメイク方法になじみのある方も多いと思います。

影を足すことに重きを置いたアイメイクは、大人世代がするとまぶたが窪んで見えやすく、暗く老けた印象を与えてしまいます。

光と影のバランスが大切

若見えするための立体感アイメイクは、光と影のバランスを意識することが大切です。

40・50代の目元には、くすみやまぶたのくぼみがすでにある状態なので、影を入れることよりも、明るくして光を集めることを意識してみましょう。

立体感のある「明るい目元」のつくり方

マスクで目元が老けるのはなぜ?NGアイメイクの解決法

(1)肌なじみのいいライトカラーを、まぶた全体と、下まぶたの目頭から黒目の外側あたりまでのせましょう。

(2)アイシャドウパレット中で2番目に濃いカラー(ミディアムダーク)を、目頭と目尻にのせます。このとき、中央に向かって薄くなるようにグラデーションをつくりましょう。

(3)ミディアムカラーを上まぶたの中央にのせます。下まぶたは、目尻側から中央に向かってのせましょう。

(4)ラメ感のある明るいカラーを、上下のまぶたの中央に置くようにのせましょう。

(5)最後に、目頭にライトカラーを置くようにのせましょう。

以上のようにすることで、ナチュラルに陰影をつけながら、立体感のある明るい目元にすることができます。目元のくすみが特に気になる方は、暖色系のオレンジピンクブラウンを使ってみましょう。

マスクをすると目元が老けて見える方は、ご紹介したポイントがご自分に当てはまっていないかチェックしてみてください。同じ手持ちのアイシャドウパレットでも、使い方を変えるだけで印象が大きく変わるので、参考にしてくださいね。

(美容ライター/美容ブロガー/メイクアップアドバイザー/DNA栄養学ジュニアアドバイザー/GEN INE認定講師 伊早坂 美裕)

 

【関連記事】
40•50代が買ってはいけない!プチプラアイシャドウ3つ
意外!大人女性を洗練させるプチプラアイシャドウ3つ
40•50代が買ってはいけないプチプラファンデ3つ
老け目元が蘇る!40•50代がすべき「アイラインの描き方」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら