つやプラ

つやっときらめく美をプラス

これで脂も心配なし!「ホットプレート」で焼肉を楽しむコツ

料理研究家
オガワチエコ

焼肉というと男性のイメージが強いですが、女性だって大好きです。みんなで焼肉屋さんに行くのもいいですが、ホームパーティーとしても楽しめます。ただそのときに、十分な調理器具が揃っていない場合があります。

これで脂も心配なし!「ホットプレート」で焼肉を楽しむコツ

ホットプレートしかないという場合は美味しく作れるかちょっと心配になりますよね。そこで今回は、料理研究家の筆者が【ホットプレートで焼肉を楽しむポイント】をご紹介します。

■ホットプレートを広く使ってヘルシーに

焼肉屋さんなどでは肉を網の上で焼くため、肉から出た脂が溜まらずに下に落ちるようになっています。ホットプレートの場合はそれができません。ですからホットプレートで焼く場合は、スペースを広く使い、裏返しにする際に使っていなかった別の場所に移します。残った脂は拭き取ってしまえば、ヘルシーな焼肉が楽しめます。

■肉から出た脂を利用

肉から出た脂を拭き取ってしまうのが、もったいないという方。確かに、脂は肉の旨みでもあるので、使えるものなら使いたい。そういう場合は、野菜やご飯をのせてその脂で焼いてしまいましょう。肉の旨みが加わった美味しい炒めものができあがります。

■アルミ箔を敷いて脂を切る

ホットプレートでの焼肉で気になるのが、油はねです。目には見えなくても、辺り一面に飛び散っています。防ぐ方法のひとつとして、アルミ箔を用います。アルミ箔をいったんクシャクシャにしてから開き、ホットプレートに敷いて肉を焼くと脂が切れやすくなります。このとき、アルミ箔がホットプレートの端のプラスチック部分などにかかると焦げてしまうことがあるので、大きさは内に収まるぐらいにしてください。

■200度に設定して煙を防ぐ

部屋で焼肉をするにあたり、もっとも敬遠されるのがニオイです。しばらく取れず、部屋に帰ってくるたびにげんなりしてしまうことも。そんなニオイの原因となるのが、煙です。煙を出にくくするためには、ホットプレートの温度を200度に設定すること。それ以上の温度になると、肉の脂が炭化して煙が出やすくなってしまいます。

いかがでしたか? 部屋で焼肉をするなら、安心して楽しみたいですよね。脂をできるだけ減らして健康を気遣い、煙も少なくしてニオイの問題も軽減。美味しくヘルシーな焼肉をお召し上がりください。
(料理研究家 オガワ チエコ)

【関連記事】
セルライトやたるみはイヤ!むくまない食生活ポイント3つ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら