つやプラ

つやっときらめく美をプラス

時短で垢抜け!美容ライター愛用「マルチスティック」2選


古賀令奈

プロフィール画像_古賀 令奈

家事や身支度で忙しい朝は、少しでも早くメイクを完了させたいところですね。

そんな時は、1つのアイテムでポイントメイクを完成させることができるマルチコスメが活躍します。

1本で3部位メイク完了!時短を叶える優秀コスメ2選

目・頬・唇に使えるアイテムなら、驚くほどメイク時間が短くなります。

今回は、コスメコンシェルジュの筆者が愛用している優秀なマルチコスメをご紹介します。

■垢抜け顔になれる!カジュアルマットなマルチクレヨン

マルチクレヨン/RMK

マルチクレヨン/RMK

1本で、アイシャドウ・チーク・リップとして使えるマルチクレヨンです。カジュアルマットな質感で、肌にのせるとふんわりと色づき、手軽に垢抜けた表情を演出します。

筆者は、画像左「01 メローピンク」と右「02 モカピーチ」を愛用しています。フェミニンなファッションの日は可愛らしいメローピンク、洗練した雰囲気にしたい日は大人な顔をつくってくれるモカピーチをチョイスしています。

画像上がモカピーチ、下がメローピンクを肌に塗ってみました

画像上がモカピーチ、下がメローピンクの肌に塗った色味になります。クレヨンを塗るように肌に直接塗り、指でぼかすだけでこなれた雰囲気になります。

薄づきなので、ぼかせば画像のように淡い発色になり、たっぷり塗ればしっかりと発色させることも可能です

薄づきなので、ぼかせば画像のように淡い発色になり、たっぷり塗ればしっかりと発色させることも可能です。やわらかな色味が、ほんのりと色っぽい雰囲気を出してくれます
(4g 全4色 税抜価格3,000円)

統一された美しい仕上がりに

1つのアイテムでメイクをすることによって、色と質感が統一された美しい仕上がりを実現できます。

目元はモカピーチ、頬と唇はメローピンクといったように、2色を組み合わせて使うこともおすすめです。質感は同じなので、調和を崩すことなく色のバラエティを広げることができますよ。

■立体フェイスをかなえる!ツヤ系マルチスティック

ヴィセ アヴァン マルチスティックカラー/ヴィセ

ヴィセ アヴァン マルチスティックカラー/ヴィセ

マットよりもツヤがお好みの方には、こちらのアイテムがおすすめです。スティックタイプになっており、目元・頬・唇のメイクを1本で簡単にメイクすることができます。

筆者が一目惚れしたのは画像カラーの「003 RESORTER」です。ゴールドラメをたっぷりと含んだ明るめのコーラルピンクは、デートやイベントなど華やかさがほしい日にぴったりです。

筆者はチークとして使ったときの発色がお気に入り。頬に美しいツヤと自然な血色が生まれ、立体感がアップします

筆者は、チークとして使った時の発色がお気に入りです。頬に美しいツヤと自然な血色が生まれ、立体感がアップします。

アイシャドウとして使うと、明るくやわらかな印象になります。リップとしては、パール感が主張しすぎてうるおいに欠ける印象ですが、上からグロスを足すとバランスが整いますよ。
(6g 全10色 税抜価格1,800円)

マルチコスメは1本持っておくと、とても便利なアイテムです。メイクの時短ができるだけでなく、色味や質感を統一できるので、仕上がりの美しさも叶えることができます。

色違いでそろえたり、他のアイテムと組み合わせたりしてオリジナルの楽しみ方を見つけてくださいね。

(コスメコンシェルジュ 古賀令奈
フリーライター/エディター/コスメコンシェルジュ。美容・ヘルスケアを中心として「わかりやすく試しやすい」をコンセプトに執筆。日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュを取得し、美容法の提案活動も展開。)

【関連記事】
発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選

【参考】
マルチクレヨン – RMK
ヴィセ アヴァン マルチスティックカラー – ヴィセ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

見た目年齢−7歳!?雪のような美肌に導く「Cゾーン」ケアって?

美意識が高い人ほど、自分の肌に次々と現れるエイジングサインが気になり、それに対するケアに終始しがちです。けれど実際に見た目年齢を左右するのは、ひとつひとつの「ポイント」ではなく、「ゾーン」なのです。 …

  • 40代
  • 紫外線

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら