つやプラ

つやっときらめく美をプラス

理想の目元が叶う。目のタイプ別「アイシャドウの入れ方」


mayu3

大野

アイシャドウは、入れ方を間違えると色味がよく見えなかったり、逆につけすぎて怖い印象になったりします。

理想の目元が叶う。目のタイプ別「アイシャドウの入れ方」

ヘアメイクやコスメコンシェルジュとして、年齢に合わせた美を提案する筆者が、目の形に合わせたアイシャドウの入れ方をご紹介します。

■アイシャドウの目的とは

メイクで、顔の印象が変わるポイントとなるのが「アイメイク」です。

特に、アイシャドウは入れ方次第で目の形を理想に近づけることができます。

■間違えやすいアイシャドウの入れ方

アイシャドウの入れ方で、目の大きさは自由に変えられます。ただし、間違いやすいのが、「目の形にあわせたアイシャドウの入れ方」です。”目の形に合っていないアイシャドウの入れ方をしている”場合も多く見られます。

入れ方を間違うと、目を大きく見せるどころか中途半端なアイメイクとなってしまい、貧相な目に見えますので気をつけましょう。

■目の形にあわせたアイシャドウの入れ方

目の形に合わせたアイシャドウの入れ方をご紹介します。

(1)一重

一重の方は、まぶたが腫れぼったく見えたりアイラインが隠れたりしますし、グラデーションも見えづらくなりがちです。

一重特有の腫れぼったさを解消するためには、膨張色のピンク系を控え、陰影をつけるブラウン系を使うようにしましょう。

最初に黒目の上に濃いアイシャドウを乗せたら、画像の矢印のように放射状にぼかしてあげましょう

アイシャドウの入れ方ですが、黒目の上が1番濃く見えるようにアイシャドウを塗りましょう。最初に黒目の上に濃いアイシャドウを乗せたら、画像の矢印のように放射状にぼかしましょう。

たて長効果が出るので、目を大きく見せることができます。応用で、黒目の下にも濃いアイシャドウをのせると、さらにたて長効果がUPしますよ。

(2)奥二重

目を大きくみせるアイシャドウの入れ方は、ベースに好きなアイシャドウをのせたあと、目尻にだけ濃いアイシャドウを入れてあげると綺麗になりますよ

奥二重の方は目尻側だけ二重になっているので、グラデーションが一重より分かりやすく、アイラインも目尻だけ見えます。

目を大きくみせるために、ベースに好きなアイシャドウをのせたあと、目尻にだけ濃いアイシャドウを入れると綺麗になりますよ。

(3)二重

二重の方はアイシャドウが綺麗に見える目の形をしているので、グラデーションをつくるのがおすすめです。ポイントは、"グラデーションの1番濃い色を入れる幅を二重部分に入れてあげる"ことです

二重の方はアイシャドウが綺麗に見える目の形をしているので、グラデーションをつくるのがおすすめです。ポイントは、”グラデーションの一番濃い色を二重部分に入れる“ことです。

ベースと濃い色の中間部分を指でなじませると、ラクにグラデーションをつくれます。

目の形によってアイシャドウの入れ方も違いますので、自分の目の形にあった入れ方をマスターしましょう。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

見た目年齢−7歳!?雪のような美肌に導く「Cゾーン」ケアって?

美意識が高い人ほど、自分の肌に次々と現れるエイジングサインが気になり、それに対するケアに終始しがちです。けれど実際に見た目年齢を左右するのは、ひとつひとつの「ポイント」ではなく、「ゾーン」なのです。 …

  • 40代
  • 紫外線

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら