つやプラ

つやっときらめく美をプラス

美容ライター溺愛「2018発売リップ」3選


古賀令奈

プロフィール画像_古賀 令奈

2018年は、“リップの年”といっても過言でないほど多くの名品が生まれました。

マットタイプが大きなトレンドとなりましたが、ラッカータイプやティントタイプなど、さまざまな質感や機能性をそなえたリップが次々と発売され、色とりどりの唇が街にあふれました。

使って大満足!2018年のベストコスメ〜リップ編

コスメコンシェルジュの筆者が、個性豊かなリップがそろう、2018年生まれのベストコスメを3つご紹介します。

■落ちにくく色移りしにくい!洗練マットリップ

ラ プティット ローブ ノワール リップカラーインク/ゲラン

ラ プティット ローブ ノワール リップカラーインク/ゲラン

塗り方で発色の鮮やかさが変わるユニークなアイテムです。流行しているマットタイプのなかでも、筆者は特に気に入っています。

1度塗りでナチュラル、2度塗り、3度塗りと重ねるごとにドラマティックになるため、オフィスやフォーマル、プライベートなどシーンによってイメージを変えることができます。

「121 Stylegram」のブラウンレッド

筆者が愛用しているのは、画像カラー「121 Stylegram」のブラウンレッドです。

1度塗りだと適度に血色が加わり上品なイメージになります。重ね塗りをすると大胆かつ垢抜け感のある表情になり、イメージがガラリと変わります。パウダー感のあるソフトマットな発色もおしゃれです。

そして、ロングラスティング処方で長時間きれいがつづき、カップへの色移りもしにくいすぐれものです。どんな場面でも活躍してくれるので、ポーチに入れておくと助かるリップです。
(全15色 参考価格3,600円)

■上品な華やか顔になれる優秀リップ&チーク

ドラマチックジェリー チーク&ルージュ/エルビー

ドラマチックジェリー チーク&ルージュ/エルビー

多くのブランドから2wayタイプのコスメがリリースされましたが、筆者が舌を巻いたのはこちらのアイテムです。

2wayタイプはどちらかの質感に不満を感じることが少なくありませんが、このアイテムはどちらも心地よく使うことができます。チークとしてもルージュとしても満足できる絶妙な質感を、わずか700円で叶えているところに感動しました。

華やかさと気品ただよう表情を演出する大人カラー

画像カラーの「ダスティローズ」は、華やかさと気品ただよう表情を演出する大人カラーです。2018年のトレンドであるパープルメイクとの相性も抜群です。

頬と口元に同じ色を使うことで統一感が生まれるので、手軽にメイク上手になれますよ。
(全6色 税抜価格700円)

■印象自在!高発色&つやたっぷりの優秀リップ

ドラマティックルージュEX/マキアージュ

ドラマティックルージュEX/マキアージュ

さっと塗るとピュアに、唇に2秒あててとろけさせると大人っぽくなる、印象自在のルージュです。

塗り方でイメージを変えられるコンセプトも魅力的ですが、つや、色もち、保湿力などのさまざまな要素で強い手応えを感じられます。コストパフォーマンスにも魅力を感じる一品です。

口元を主役にしたい日は「RD430」、上品な印象にしたい日は「RS377」を使っています

筆者は、画像カラー「RS377」のフェミニンなローズ系(上)と「RD430」の明るいレッド(下)を愛用中です。口元を主役にしたい日は「RD430」、上品な印象にしたい日は「RS377」を使っています。

どちらも塗り方で印象の変化も楽しめるので、メイクの幅が広がりますよ。
(全7色うち限定カラー1色 ノープリントプライス)

厳選した3本はそれぞれ異なる魅力を楽しめるので、気になるアイテムがある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

(コスメコンシェルジュ 古賀令奈
フリーライター/エディター/コスメコンシェルジュ。美容・ヘルスケアを中心として「わかりやすく試しやすい」をコンセプトに執筆。日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュを取得し、美容法の提案活動も展開。)

【関連記事】
石鹸で落とせる!秋冬におすすめの「アイシャドウ」3選
すっぴん美肌を偽装!?プロが教える、ファンデの使い分け術
美容家もヘビロテ!マルチに使える「プチプラコスメ」2選
メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番

【参考】
ラ プティット ローブ ノワール リップカラーインク – ゲラン
ドラマチックジェリー チーク&ルージュ – エルビー
ドラマティックルージュEX – マキアージュ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

見た目年齢−7歳!?雪のような美肌に導く「Cゾーン」ケアって?

美意識が高い人ほど、自分の肌に次々と現れるエイジングサインが気になり、それに対するケアに終始しがちです。けれど実際に見た目年齢を左右するのは、ひとつひとつの「ポイント」ではなく、「ゾーン」なのです。 …

  • 40代
  • 紫外線

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら