つやプラ

つやっときらめく美をプラス

肌悩みをカバーして理想肌!大人女性のファンデ選び&塗り方

コスメコンシェルジュ
稲毛登志子

顔の印象を大きく左右する「肌作り」。特に、ファンデーション選びを慎重に行わないと、時代遅れや老け顔の印象を与えている場合があります。

NGファンデーション

コスメコンシェルジュの筆者が、大人にはNGなファンデーションと正しい使い方をご紹介します。

■大人の肌にはNGなファンデーションとは?

数年前に比べて、シミや毛穴、乾燥、くすみなどの肌悩みが多くなってきたという、アラフォー世代の方も多いのではないでしょうか。

大人の顔を魅力的に見せるには、スキンケアに加えてファンデーション選びがとても大切です。

NGファンデーション

肌悩みがあるのに、何年も前から同じブランドのファンデーションを使いつづけていませんか?

私たちの肌は、日々変化しています。ファンデーションの進化も目を見張るものがあるので、今の自分にとってベストなファンデーションを見つけて、ベースメイクを更新しましょう

自分の肌色に合っていないファンデーションも老け見えの原因につながります。濃すぎても、白すぎてもNGです。

大人女性におすすめのファンデーション

今っぽいツヤ肌を演出するには、素肌感が残せる「リキッドファンデーション」か、リキッドだと薄付きで不安という方には「クッションファンデーション」がおすすめです。

クッションファンデーションに付属している小さめのパフは重ね塗りがピンポイントでしやすいので、気になる部分だけカバーすることができます。パウダーファンデーションなら、粒子が細かくてうるおいがあるものが良いでしょう。

■ファンデ別の正しい塗り方

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションを使ったベースメイクの順番は、「下地→リキッドファンデーション→コンシーラー→ハイライト→フェイスパウダー」です。

みずみずしさと透明感が生まれるリキッドファンデーションの良さを生かしながらメリハリのある顔にするには、頬などの顔の中心は少し厚めに、顔の輪郭部分は薄めに塗りましょう。全顔に均一に塗ると、顔が大きく見えるので要注意です。

仕上げのフェイスパウダーは、皮脂崩れが気になるところだけでOKです。

クッションファンデーション

クッションファンデーションを使ったベースメイクは、リキッドファンデーションと同じ手順です。

一度にたくさんの量をパフにとるとムラになりやすいので、少量ずつ塗っていきます。パフを滑らすように塗るとツヤっぽさが消えてのっぺりとした印象の顔に見えてしまうので、必ず、トントンとパフを肌に置くようにして塗りましょう

パウダーファンデーション

リキッドファンデーションを使ったベースメイクの順番は、「下地→コンシーラー→パウダーファンデーション→ハイライト」です。

パウダーファンデーションはパフを押し付けるようにして塗ると厚塗りになりやすく、一昔前の肌に仕上がってしまいます。

頬やおでこは軽く滑らすイメージで塗り、小鼻などの毛穴が気になる部分のみキュッと密着させるようにして塗ると自然にカバーすることができます。

ファンデーションをこまめに更新することで、理想の肌へと近づけます。塗り方も工夫しながら大人の肌をもっと楽しみましょう。

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛登志子
日本化粧品検定1級を取得後、複数のwebメディアで記事を執筆。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信中。)

【関連記事】
マンネリメイクを打破!大人の目元華やぐカラーアイシャドウ
色落ちも乾燥も気にならない!大人が使えるティントリップ
ファンデ頼みで老け見え?若肌に仕上がるベースメイクのコツ
シミをもっときれいに隠したい!目的別コンシーラーの選び方

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら