つやプラ

つやっときらめく美をプラス

髪と頭皮に負担が少ない?美容師が白髪にヘナを勧める理由

ヘアメイク
Mayu

「ヘナカラー」とは、”ヘナ”と呼ばれるミソハギ科植物の色素で髪を染める方法です。もちろん、白髪も染まります。現在の、化学変化によって染料を内部に定着させるカラーリングとは異なる方法です。

髪と頭皮に負担が少ない?美容師が白髪にヘナを勧める理由

美容師の筆者が、40代以降の女性にヘナカラーをすすめる理由をご紹介します。

■ヘナカラーとは

ヘナの葉を粉末状にしたものをお湯で溶いてペースト状にしてから髪に塗布し、温めたり冷ましたりを交互に繰り返し、髪に定着させていく方法です。通常のカラーリングと比べて髪の内部に入っていかず、表面に色がつくので、髪へのダメージが少ないのが特徴です。

肌の弱い方にもおすすめですが、植物アレルギーのある方が初めてヘナカラーをされる時は、事前にパッチテストをするようにしてください。

■ヘナカラーによるメリット

・植物性なので、頭皮や髪に負担が少ない。

・ヘナの成分は髪にハリやコシを与える。

・頭皮から吸収することで、肝臓のデトックス効果があるといわれている。

■ヘナカラーのデメリット

メリットもありますが、デメリットもあります。

・ヘアカラーのように短時間で染まらず、染めるのに時間がかかる。

・植物性のため、独特の匂いが残ってしまう。

・天然素材のため色が選べず、髪を明るくしたい場合は不向き。また、ヘナで染めた髪はヘアカラーを使用しても明るくしにくいので、カラーチェンジがむずかしい。

純粋なヘナは、オレンジ色の色素のため、髪をオレンジにしか染めることはできませんが、最近ではヘナとほとんど同じ植物の”インディゴ”を混ぜることにより、オレンジ系以外の色も楽しめるようになってきました。

ヘナを扱っているお店は限られているため、ヘナカラーに興味がある場合は、事前に美容室に問い合わせることをおすすめします。

(美容師/ヘアメイク/セミナー講師 Mayu)

 

【関連記事】
たるみも髪悩みも解消できる!?大人の垢抜けショートヘア
すぐに伸びてくる白髪対策に!専門家が教える白髪染めの持ちを良くするテク
たるんだ毛穴が原因!?エイジングによる髪のうねり対策7つ
うねり、ボリュームダウン…専門家が教える髪のエイジングの原因&ケア法

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら