つやプラ

つやっときらめく美をプラス

夏に食べたい!痩せるヨーグルトの食べ方3つ

ベジ活アドバイザー
生井理恵

冷たいデザートが食べたくなる夏。罪悪感を感じないヘルシーなデザートがあれば、ダイエット中のストレスも軽くなりますね。

ヨーグルト

ベジ活アドバイザーの筆者が、ヨーグルトを使った夏におすすめの冷たいデザートを3つご紹介します。どれも簡単に作ることができますよ。

■ギリシャヨーグルトとはちみつのフローズンアイス

普通のヨーグルトに比べて水分が少なく、クリーミーな味わいが特徴の「ギリシャヨーグルト」。

一般的なヨーグルトよりも「たんぱく質」の含有量が高く、濃厚で食べ応えがあるのが特徴です。水切りの工程で酸味が和らぐので、酸味が苦手な人でも美味しくいただけるでしょう。

ギリシャヨーグルトの水分が少ないという特徴を活かしたデザートが「フローズンアイス」です。スティック状に伸ばしてから冷やすので、30〜60分でしっかりと固まります。生クリームを使わないので、罪悪感なく食べられますね。

材料(1〜2人分)

・ギリシャヨーグルト 100g

・はちみつ 大さじ1

作り方

(1)ギリシャヨーグルトとはちみつをよく混ぜ合わせておきます。

(2)クッキングシートの上に(1)を長方形に伸ばしたら、冷凍庫で冷やし固めて完成です。

(3)食べる直前にスティック状に切っていただいてください。

■ヨーグルトとクリームチーズのひんやりサンド

糖質が少ないクリームチーズは、「ビタミンA」や「カルシウム」「たんぱく質」などの栄養も多く含むため、適量食べる分には栄養の補完となるでしょう。ただ、脂質も多く含むため、食べすぎには注意したいところです。

ヨーグルトとはちみつを混ぜあわせたクリームチーズのディップは、パンに塗っても美味しくいただけますよ。アレンジしてみましょう。

材料(2人分)

・クリームチーズ 50g

・ヨーグルト 50g

・はちみつ 適宜

・ビスケット 4〜6枚

作り方

(1)クリームチーズとヨーグルト、はちみつをよく混ぜ合わせたら、15分程度冷蔵庫で寝かせます。

(2)ビスケットに(1)をのせ、もう1枚のビスケットとサンドします。冷蔵庫でクリームを冷やし固めたら完成です。

■ヨーグルトとキウイフルーツのカナッペ

果物のなかでも栄養豊富なことで知られているキウイフルーツ。美肌作りや免疫力強化に役立つ「ビタミンC」が豊富です。

水溶性と不溶性の2つの「食物繊維」のバランスもよく、善玉菌を増やす働きがあります。発酵食品であるヨーグルトとあわせることで、より腸内フローラを整えることができるでしょう。

お家時間の間食にもおすすめです。

材料(1〜2人分)

・ヨーグルト(水切りしたもの、もしくはギリシャヨーグルト) 適宜

・キウイフルーツ 2分の1個

・クラッカー 適宜

作り方

クラッカーの上に、ヨーグルトと皮をむいて食べやすい大きさに切ったキウイフルーツをのせたら完成です。

ヨーグルトを使ってヘルシーに仕上げた冷たいデザートをご紹介しました。ダイエット中でも安心していただけるので、よかったら作ってみてくださいね。

(ベジ活アドバイザー 生井 理恵)

 

【関連記事】
ぽっこりお腹に!スッキリをサポートするお茶3選[PR]
老化を防ぐ!トーストにのせるべき食材
ご飯は冷たいままが◎!?朝に食べて太りにくくなる食材3つ
「おにぎり&スープ」で太る!?ランチ選びの落とし穴3つ
朝食べると太りにくい!?ダイエットに◎な「卵のとり方」

【参考】
ギリシャヨーグルトとは – 森永乳業
クリームチーズ – カロリーSlism
朝のおなかを目覚めさせるキウイパワー – ゼスプリ・インターナショナル・ジャパン

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら