つやプラ

つやっときらめく美をプラス

ストッキングでオバサン認定?やりがち「サンダル」NG3つ

ライフスタイルコンサルタント
横田真由子

お気に入りのサンダルを履く季節も、残り少なくなってきました。せっかく素敵なサンダルを履いていても、ちょっとしたマナーを知らないと「残念な人」になってしまいます。

サンダルで残りの夏を楽しむ!ついやってしまう3つのNG

足元は、その人を語る雄弁なところ。ミニマムリッチコンサルタントの筆者が、ついやってしまうサンダルのNGを3つお伝えします。

(1)オフィスでのミュールはNG

クール・ビズの普及に伴って、オフィスでのサンダル姿も一般的になりましたが、ミュールなど歩いたときにカツカツと音の鳴るものは基本的にNG。

音は業務の妨げになりますので、避ける方が賢明です。バックストラップのものなど、音が出ないものを選びましょう

(2)裸足で畳の上は歩かない

日本では飲食店で靴を脱いで座敷に上がる場面や、ご自宅に訪問して玄関先で靴を脱ぐ場面があります。
素足でサンダルを履いているときは、あらかじめ靴下を用意しましょう。サンダルを脱いで、裸足のまま座敷や畳の上をペタペタと歩くことはNGです。

(3)サンダルにストッキングはオバサン!?

大人の女性は、生足に抵抗のある方も多いと思いますが、ストッキングでサンダルを履くと、残念ながらオバサンっぽい印象に見えてしまうことがあります。
素足でサンダルを履く場合は、指の部分だけがオープンになったタイプのストッキングを選びましょう。見えている指の部分だけが浮かないように、肌色に限りなく近いものを選ぶことがポイントです。

目から一番遠い、足元まで目が行き届いていると「できる女性」という印象になりますね。残り少ない夏、サンダル美人を目指しましょう。

(ミニマムリッチコンサルタント 横田真由子)

 

【関連記事】
即、二の腕が細く!老け見えしない「袖の形」&コーデ術
着ヤセのつもりが逆効果!やりがち「着デブ」ポイント3つ
見違えるほど着痩せする!?周りと差がつくTシャツの選び方
体が泳ぐサイズ感がカギ!薄着でも着痩せるコーデのポイント

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら