つやプラ

つやっときらめく美をプラス

NGチークでおてもやん!?「自然なチークのコツ」3つ


古賀令奈

プロフィール画像_古賀 令奈

メイクをしている時は気がつかなくても、外に出てみるとチークをつけすぎていたという方も多いのではないでしょうか。

NGチークでおてもやん!?「自然なチークのコツ」3つ

コスメコンシェルジュの筆者が、おてもやんにならないチークの塗り方をお伝えします。

■塗る前にいったんオフして調整

パウダーチークを塗る時、ブラシにとってそのまま頬にのせてはいませんか? そうすると、チークがつきすぎてしまうので、いったん手の甲に置いて余分な粉をオフしてから頬に塗りましょう

塗る前にいったんオフして調整

画像上の色味が、手の甲でオフせずにそのままのせた状態、下の色味が手の甲でオフしてからのせた状態です。同じ回数だけブラシを往復させていますが、発色が全く違うのがわかりますね。

ブラシを左右に往復させて調整

ブラシを左右に往復させて調整

パウダーチークを塗る時は、薄づきを意識しながらブラシを左右に往復させて重ねていき、発色を調整してください。一方向に塗ると、画像上のように塗り始めた側(画像左側)が濃く発色してムラができます。

ブラシを左右に往復させながら塗ると、画像下のようにふんわりと均一な発色になりますよ。

■クリームチークはブラシでなじませる

クリームチークはブラシでなじませる

内側からにじみ出るような血色感とツヤを与えられるクリームチークは、うまく使えばとてもナチュラルに顔色をよく見せてくれるアイテムです。しかし、指で塗るのは、ややむずかしいかもしれません。

トントンと軽く叩き込むように塗っていくと、画像上の色味のようにムラになりやすかったり肌との境目がぼかしにくく、おてもやんになりやすいといえます。

そこで、クリームタイプ対応のブラシを使えば、均一に塗りやすくなるでしょう。ブラシに少量チークをとって手の甲でオフしたら、指と同じようにトントンとブラシを置くように塗り広げていくと、画像下の色味のようにふんわりと塗れますよ。

■塗りすぎたら「フェイスパウダー」でヴェールをかける

塗りすぎないように注意していても、つい失敗してしまうこともありますよね。そんな時は、お手持ちの「フェイスパウダー」を上から重ねてみてください。

これだけで発色が和らぎ、自然な仕上がりになります。

塗りすぎたらフェイスパウダーでヴェールをかける

比較のために、クリームチークで濃く塗りすぎた状態の画像を用意しました。上下ともに同じ濃さでつけています。

微粒子のパールが配合されたツヤ系のフェイスパウダーをブラシにとり、画像下のチークをぼかすように重ねてみました。発色が落ち着いて、ツヤ感もアップしましたね

微粒子のパールが配合されたツヤ系のフェイスパウダーをブラシにとり、画像下のチークをぼかすように重ねてみました。 発色が落ち着きツヤ感もアップして、とても上品でナチュラルな印象ですね。

同じチークを使っていても、塗り方次第で印象は大きく変わります。おてもやんを克服するためにも、ナチュラルに塗る方法を試してみてくださいね。

(コスメコンシェルジュ 古賀令奈
フリーライター/エディター/コスメコンシェルジュ。美容・ヘルスケアを中心として「わかりやすく試しやすい」をコンセプトに執筆。日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュを取得し、美容法の提案活動も展開。)

【関連記事】
発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

見た目年齢−7歳!?雪のような美肌に導く「Cゾーン」ケアって?

美意識が高い人ほど、自分の肌に次々と現れるエイジングサインが気になり、それに対するケアに終始しがちです。けれど実際に見た目年齢を左右するのは、ひとつひとつの「ポイント」ではなく、「ゾーン」なのです。 …

  • 40代
  • 紫外線

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら