つやプラ

つやっときらめく美をプラス

気になる薄毛をカバー!美容師が教える「産後の抜け毛対策」

mayu3

大野

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

産後、知らないうちに抜け毛になったり、ピンと飛び出す「アホ毛」がでてきたりして、スタイリングに悩む方は多いと思います。

その原因のひとつは、「産後のホルモンバランスの乱れ」です。

◯◯で簡単メイク直し!化粧崩れ対策アイテム4つ

ヘアメイクやコスメコンシェルジュとして活躍する筆者が、産後の抜け毛やアホ毛対策をご紹介します。

■産後、髪が抜けるのはなぜ?

髪の毛は1か月に大体1cm伸びます。そして、一定期間が過ぎると、伸び続けずに生え変わります。

毛髪が自然に抜け落ちるまでの期間は、およそ2~3か月といわれています。この毛髪の周期は、ホルモンのバランスによって周期が変わります

妊娠中や出産後はホルモンバランスが不安定

妊娠中や出産後は、ホルモンのバランスが不安定な状態です。そのため、髪が生え変わる周期も普段に比べると変わりやすく、産後3か月から半年をピークに抜け毛が起きやすいといわれています。

産後の抜け毛や薄毛は加齢によるものと異なり、一時的なものなので、1年くらいすると自然に元にもどっていきます。

■産後の「抜け毛」対処法

産後の薄毛は、しばしば前髪に起きます。前髪の抜け毛やアホ毛が気になりだしたら、前髪をいつもより多めにつくるようにするといいでしょう。

また、前髪以外にも全体的に薄毛が気になる方におすすめなのが「エアリーエクステ」です。髪の毛1本につきエクステを1本つけるやり方で、今ではメニューにとりいれている美容室も増えています。

植毛に近いやり方で自然に増毛ができるうえ、プチプラでできるのが人気のポイントです。色のバリエーションも豊富ですので、おしゃれ感覚でつけることができますよ。

■気になる「アホ毛」を抑えるには

産後、抜け毛だけではなく、生え変わった短い毛が、いわゆる「アホ毛」となって表面に出てくることが気になる方もいると思います。

そういう方には、気になる部分にピンポイントでつけられる「マトメージュ」などのスタイリング剤がおすすめです。直接髪の毛につけられて、まとまりづらいアホ毛もしっかり抑えることができます。

■この時期おすすめの頭皮ケアアイテム2選

(1)ボテージ スカルプエッセンス/contribution

ストレス、ホルモンバランスの乱れ、出産などが原因の薄毛に悩む女性のためにつくられた、厚生労働省認可の育毛剤です。

弱酸性なので敏感肌の方にもやさしく、頭皮環境を整えてくれる「ボタニカル成分」が入っています。
(120ml 税抜価格7,960円)

(2)スカルプD ボーテ メディカルエストロジー スカルプセラム/アンファー

気になる薄毛をカバー!美容師が教える産後の抜け毛対策 スカルプD ボーテ メディカルエストロジー スカルプセラム/アンファー

薄毛の原因のひとつである「女性ホルモン」に着目してつくられたアイテムです。

女性ホルモンのバランスをよくする「ソイセラム成分」を従来品の5倍以上配合しているので、育毛効果がさらに期待できます。

髪の毛にハリとコシも与えてくれるので、薄毛でボリュームがない方にもおすすめですよ。
(80ml 税抜価格7,223円)

出産後は、子育てに追われて自分のケアを怠りがちです。ヘアスタイルを変えるだけのケアもありますので、試してみてはいかがでしょうか。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
ダメージが蓄積!?抜け毛、薄毛を招く「NG習慣」6つ
「くるりんぱ」が失敗しやすい理由7つを美容師が解説!
まとめ髪の基本をおさらい!今すぐできる簡単アレンジまとめ
前髪だけでイメージチェンジ!骨格別で小顔美人になる方法

【参考】
ボテージ スカルプエッセンス – contribution
スカルプD ボーテ メディカルエストロジー スカルプセラム – アンファー

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

エイジングケア、何から始めるべき?「つやプラ×オルビス 迷える女性におくる美容セミナー」をレポート

肌のハリ・つやのなさが最近気になる……エイジングケア※1を始めたいけれど何から始めたら良いの? という迷いを感じているなら、あなたも“エイジングケア迷子”かも。 2018年10月10日に開催されたイベ …

  • ツヤ肌
  • ハリ
  • ハリ肌

「敏感肌」に×なNGケアとは?乾燥の季節を乗り切るためのルール3つ

敏感肌やゆらぎ肌には、ちょっと憂鬱な夏を過ぎた肌。この時期に感じる不調には、紫外線の影響をしっかりとうけてしまった、急な気温の変化で身体がついていけない、忙しくて休息が足りないなど、思い当たる方も多い …

  • スキンケア
  • 乾燥肌
  • 敏感肌

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら