つやプラ

つやっときらめく美をプラス

おば見え回避!「チュニック&ワイドパンツ」着こなしテク


長坂靖子

Img0973

チュニックやガウチョは身体のパーツを隠し、ボディラインを気にせずラクに着ることができるため、女性に人気のあるファッションです。しかし、男性の間では必ずしも人気の高いファッションといえません。

理由として、「だらしなく見え、おばさん臭い」「メリハリのない体型に見える」「生活感がにじみ出る」と思う男性の声が上がっています。私達が「ラク」で着ていることは、男性にバレています。

お正月は肌荒れしやすい!?揺らぎ肌を立て直すスキンケア3選

男性目線を意識して服を着ているわけではありませんが、女性として、好きなファッションで「だらしなく見える」といわれるのは心外ですよね。

日本ウォーキングセラピスト協会代表理事の筆者が、チュニックやワイドパンツで「女性らしく清潔感があり、きちんとした印象」に見えるために意識したいボディパーツのポイントを3つご紹介します。

■チュニックやワイドパンツの時に気をつけたいボディパーツ3つ

(1)肩

肩は床と平行にします。そうすることで、デコルテラインが広がりフェイスラインが明るく見え、いきいきとした印象になります

肩は床と平行にします。そうすることで、デコルテラインが広がりフェイスラインが明るく見え、いきいきとした印象になります。

(2)ウエスト

背筋を伸ばして、お腹にあるお肉を伸ばしましょう。チュニックはお腹のお肉を隠してくれるので、洋服の下のお腹を堂々と伸ばしましょう。デザインの特性上、少しくらい膨らんでいても見えません

背筋を伸ばして、お腹にあるお肉を伸ばしましょう。チュニックはお腹のお肉を隠してくれるので、洋服の下のお腹を堂々と伸ばしましょう。デザインの特性上、少しくらい膨らんでいても見えません。

だらしない原因は「縮こまった背筋」にあります。背筋を伸ばすと、どんなファッションでもいきいきとした印象になります。

(3)ひざ

足のラインが見えにくいガウチョだからといって足の力を抜いてしまうと、ひざが開き足のラインがだらしなくなってしまいます。立位でも坐位でも、ひざのポジションは左右開かないように気をつけましょう

足のラインが見えにくいガウチョだからといって足の力を抜いてしまうと、ひざが開き、足のラインがだらしなくなります。立位でも坐位でも、ひざのポジションは左右開かないように気をつけましょう。

足の内側も使うので、後ろから見た時の立ち姿、特にヒップラインに違いが出てきます。

チュニックやワイドパンツは、上記の3つのポイントを意識すると「女性らしく清潔感があり、きちんとした印象」に見えます。鏡の前で確認して、しっかり意識するようにしましょう。

(日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂靖子

10代でミス日本、準ミスワールド日本代表選出。モデル活動を経てウォーキング講師となる。出産を機に健康ウォーキング、ストレッチ講座を展開。「姿勢力」等著書多数。美容番組MC等活動は多岐に及ぶ。)

【関連記事】
スカンツ・スカーチョに続くトレンドとは?プロが解説!
プロが伝授!脚長に見える、スタイルアップコーデの法則3つ
おしゃれな人はしない!服選びの「NG習慣」3つ
縁起が良い!お金持ちの「財布選びの特徴」3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

見た目年齢−7歳!?雪のような美肌に導く「Cゾーン」ケアって?

美意識が高い人ほど、自分の肌に次々と現れるエイジングサインが気になり、それに対するケアに終始しがちです。けれど実際に見た目年齢を左右するのは、ひとつひとつの「ポイント」ではなく、「ゾーン」なのです。 …

  • 40代
  • 紫外線

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら