つやプラ

つやっときらめく美をプラス

ボジョレー・ヌーボーと相性◎ヘルシー「ベジおつまみ」2選

ベジ活アドバイザー
生井理恵

ベジ活

「ボジョレー・ヌーボー」が今年も解禁になりました。

ボジョレー・ヌーボーとは、フランスのボジョレー地区でその年に収穫されたぶどうで造る新酒のことです。最近ではコンビニにも置いてあり、随分と身近に感じられるようになりました。

発色を徹底比較!人気の「色つきリップクリーム」4選

一緒にマリアージュを楽しみたいおつまみですが、定番である唐揚げやポテトはちょっと重たいし、カロリーも気になりますよね。

そこで、ベジ活アドバイザーの筆者が、ボジョレー・ヌーボーと相性◎なヘルシーベジおつまみを2つご紹介します。簡単なので、ぜひお試しあれ。

■ボジョレー・ヌーボーと相性◎なヘルシーベジおつまみ2選

(1)ベビーリーフとシャインマスカットのフレッシュサラダ

口当たりが軽いボジョレー・ヌーボーにおすすめなのが「シャインマスカット」です。フレッシュな味わいはボジョレー・ヌーボーともよくあいます。

材料(2人分)

・ベビーリーフ 1パック
・シャインマスカット 5〜6粒
・パルメザンチーズ 適宜

A

・オリーブオイル、塩、酢 適宜(オリーブオイルと酢の割合は2:1)

作り方

よく洗ったベビーリーフに、半分にカットしたシャインマスカットをあわせます。パルメザンチーズとAを上からまわしかけたら完成です。

(2)レンジで完成!ゴボウチップス

「お酒を飲むと、普段食べない揚げ物系がむしょうに食べたくなる」という人も多いですよね。

そんな時におすすめなのが、レンチンで手軽にできちゃう「ゴボウチップス」です。ゴボウは皮をこそげとった後にピーラーでささがきにしていくので、包丁使いが苦手な人でも大丈夫です。

焼き色がほんのりつくまでレンジで加熱するので、カリッと仕上がります。何より、揚げないのでヘルシーです。ライトな食感はボジョレーヌーボーとも相性◎です。

材料(2人分)

・ゴボウ 2分の1本
・塩、あおのり 適宜

作り方

(1)ゴボウはよく洗い、皮を包丁の背で軽くこそげるようにしてとります。ピーラーでささがきにし、水にサッとさらします。
(2)(1)の水気をよくふきとったら、キッチンペーパーを敷いた平皿(レンジ対応のもの)にひろげて、600Wの電子レンジで3分加熱します。
(3)(2)を裏返して、また600Wの電子レンジで2〜3分加熱し、焼き色がついたら完成です。塩と青のりをかけていただいてください。

旬の野菜と果物を使った「ベジおつまみ」をご紹介しました。ボジョレー・ヌーボーとマリアージュを楽しんでくださいね。

(ベジ活アドバイザー 生井理恵
「食べてキレイになる料理教室」主宰。食べて美人になるレシピには定評があり、企業へのレシピ提供・商品監修を多数手掛ける他、講演やセミナーも精力的にこなす。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」がある。)

【関連記事】
なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

しわ改善と美白どちらも叶えたい!40代からの「つや玉」が輝く肌ケア

年を重ねると、顔に刻まれたしわさえも魅力の一つといわれます。とはいえ、思いきり笑った時、くっと持ち上がった頬に「つや玉」輝く美しい肌に、しわの存在はやはり気になるものです。 年齢肌の代名詞「しわ」の悩 …

  • ツヤ肌
  • ハリ

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら