つやプラ

つやっときらめく美をプラス

髪のボリューム感UP!40代必携の「ヘアブラシ&コーム」

ヘアメイク
mayu3

髪をとかす時、手ぐしですませる人も多いと思います。ですが、つやプラ世代の髪には、ブラシやクシで仕上げるひと手間が大切です。

髪のボリューム感UP!40代必携の「ヘアブラシ&コーム」

ヘアメイクやコスメコンシェルジュとして、年齢に合わせた美を提案する筆者が、40代の髪の悩み解消に役立つブラシやクシを紹介します。

■手ぐしはNGの理由

手ぐしですませるとよくない理由をご紹介します。

(1)根元の立ち上がりが悪い

手ぐしですませると、髪の毛の根元の立ち上がりが悪く、ペタンコになりやすくなります。

ボリュームを出すために、ブラシで根元からとかしましょう。

(2)髪の毛のまとまりが悪い

毛先の部分に手ぐしを通しても、うまくまとまりません。

特に、クセ毛の人はからまりやすく膨張しやすいので、ブラシを使うようにしましょう。

(3)ブローがうまくいかない

手ぐしだけでブローしても、つやが出しづらく、うまくまとまりません。

キューティクルが整わずダメージ毛になりやすいので、ブローの時は手ぐしだけで終わらせないようにしましょう。

■つやプラ世代におすすめのクシやブラシ

(1)クッションブラシ

ブラシの土台がクッションになっているので、頭の形にフィットしやすくなっています。クッションブラシを使うタイミングは、ブロー前や、髪の毛をまとめたい時です。

根元の立ち上がりを良くしてくれる効果があり、まとめ髪をする時に使いやすいですよ。

(2)デンマンブラシ

デンマンブラシは、髪の毛をストレートの内巻きにしたい時におすすめのブラシです。

根本からふんわりボリュームを出すのにも使いやすいのが特長です。

(3)スケルトンブラシ

スケルトンブラシは、仕上げに最適なブラシです。

ブローした後に使うだけで、まとまりがさらにアップします。

(4)ロールブラシ

ロールブラシはボリュームが一番出るので、毛先にしっかり形をつけたい時におすすめのブラシです。

大きいサイズから小さいサイズまであるので、髪の毛の長さに合わせて使いましょう。ロングの方なら大きめのサイズ、ミディアムヘアなら中くらいのサイズ、ショートヘアなら小さいサイズを選ぶと良いでしょう。

強いクセ毛を伸ばすのにも最適ですよ。

(5)リングコーム

分け目を綺麗につける時や、毛先のからまりを防ぐ時に使いたいアイテムです。

持ち運びしやすいので、出先でササッと髪の毛を直したい時にもおすすめですよ。

つやプラ世代は、ブラシを味方にするとつや髪を維持できますので、ぜひ参考にしてください。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
ダメージが蓄積!?抜け毛、薄毛を招く「NG習慣」6つ
「くるりんぱ」が失敗しやすい理由7つを美容師が解説!
まとめ髪の基本をおさらい!今すぐできる簡単アレンジまとめ
前髪だけでイメージチェンジ!骨格別で小顔美人になる方法

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら