つやプラ

つやっときらめく美をプラス

たるみが消える!「40代こそコントゥアリング」のワケ

ヘアメイク
mayu3

最近の若い女性の間では、ハイライトやシェーディングを使って顔に陰影をつけるメイク術“コントゥアリング”が人気です。プチプラブランドからもさまざまなアイテムが登場しています。

実は、たるみが気になる40代女性こそ、コントゥアリングをとり入れるべきなのです。

コントゥア メイク

ヘアメイクや美容家のプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、「40代のコントゥアリングのとり入れ方」をご紹介します。

■そもそも“コントゥアリング”ってなに?

明るく見せる「ハイライト」や影をつくる「シェーディング」を使って、顔に陰影をつけていくことを、“コントゥアリング”といいます。

今までのハイライトやシェーディングがよりバージョンアップして、塗り絵感覚でつけてぼかしていくメイク術です。仕上がりも整形並みになると話題になっています。

■40代のコントゥアリングのとり入れ方

(1)ハイライト、シェーディングともに、素肌より1〜2トーンの差の物を選ぶ

余りにも素肌と差があるハイライトやシェーディングを選ぶと、仕上がった時に違和感がでてしまうので、肌になじみやすいトーンのものを選ぶようにしましょう。

(2)シェーディングは入れすぎに注意

40代は肌のたるみだけでなく、くぼみによる影が目立ってきます。20代の時のようにノーズシャドウをがっつり入れると、逆に影が強調されて老け顔に見られるので要注意です。

シェーディングよりハイライトの方を大目に使うようにすると、年齢による影を改善できます。

■たるみを引き上げるコントゥアリング法

コントゥアリング

(1)ハイライトの入れ方

影ができやすい目や下がりやすい口角周り、たるみやすい頬と額の部分は図のようにハイライトを入れていきます。

額のハイライトをぼかしながら、鼻筋半分までつけることがポイントです。鼻筋全部にハイライトを入れると、鼻筋が長くなって凛々しく見えたり男性的な印象を与えるので、「鼻筋半分まで」につけましょう。

(2)シェーディングの入れ方

シェーディングは、たるみやすい輪郭につけるようにします。

図を参考に入れてください。シェーディングを塗る範囲を広くしすぎると、舞台メイクになってしまうので気をつけましょう。“仕上がる幅の3分の1から半分くらいに入れてください。

頬骨部分は、年齢によりこけやすく陰ができやすい部分です。シェーディングを入れることで老けを強調しがちなので、あえて入れないのがポイントです。

また、ハイライトと自然に馴染ませるために、ハイライトをつけた部分から1cmあけてシェーディングを塗るとぼかしやすくなり、自然な立体感を出せるのでおすすめです。

コントゥアリングは、やりすぎると舞台メイクのような仕上がりになってしまうので、やりすぎないのが大人メイクのポイントです。人によって悩みが違うので、まずは鏡でどこが気になるかチェックしてからとり入れるようにしましょう。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

イラスト:24KAWA

【関連記事】

石鹸で落とせる!秋冬におすすめの「アイシャドウ」3選

すっぴん美肌を偽装!?プロが教える、ファンデの使い分け術

美容家もヘビロテ!マルチに使える「プチプラコスメ」2選

メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら