つやプラ

つやっときらめく美をプラス

白髪を上手に隠す!40代の「ハーフアップ&ポニーテール」

ヘアメイク
mayu3

大野

ハーフアップやポニーテールにしたくても、「白髪」が気になってできないことがありますよね。ダウンスタイルと違って、顔まわりや根元の白髪が目立ちやすいヘアスタイルですから。

白髪を上手に隠す!40代の「ハーフアップ&ポニーテール」

美容師やヘアメイクのプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、白髪が目立たないハーフアップとポニーテールのやり方をご紹介します。

■白髪が目立たない「ハーフアップ&ポニーテール」のポイント3つ

(1)顔まわりに残り毛を出す

顔まわりは、白髪が特に密集しやすい部分です。しっかりまとめないで、あえて残り毛を出すことで白髪隠しができます。

残り毛をそのまま出すだけとだらしない印象や疲れた印象を与えるので、コテでゆるっと巻くのがポイントです。残り毛にカールをつけるだけで、一気にオシャレ度がアップします。

(2)ハーフアップは、ラインを見せない

「表面は白髪がないのに、ハーフアップにすると中の白髪が丸見え」ということは多いですよね。ハーフアップで気になるのは、分け目の根元部分です。

そこで、ハーフアップをする時に気をつけるポイントは、分け目のラインを見せないように少し下めでゴムを結ぶことです。

5mm〜1cmくらい下めで結ぶことで、分け目部分の白髪をうまくカバーすることができます。

(3)ポニーテールは、低めで白髪隠し

ポニーテールがきれいに見える基本の高さは、口と耳の延長線上にある”ゴールデンポイント“ですが、白髪が丸見えになってしまう高さでもあります。

そこで、白髪をうまくカバーするには”低めの位置“でポニーテールをしましょう。耳より下めにつくると、首まわりの白髪をカバーできます。

この時、頭頂部がぺたんとしやすいので、髪の毛の表面を部分的に引き出してボリュームを出すのがポイントです。また、耳周りや顔まわりの白髪が気になる方は、残り毛を出すようにすると白髪をカバーできますよ。

■アイテム使いで、オシャレしながら白髪隠し

白髪隠しに使えるアイテムを3つご紹介します。

(1)バンダナ

オフの時に使えるアイテムです。気になるトップや顔まわりを隠してくれるので、ハーフアップにした時におすすめです。

カジュアルな服に合わせると、オシャレ度がアップしますよ。

(2)ヘアバンド

仕事でもオフの時でも使いやすいアイテムです。

気になる顔まわりや首まわりの白髪をカバーしてくれるので、ポニーテールにした時におすすめです。

(3)カチューシャ

仕事でもオフでも使えるアイテムです。

大きめのカチューシャを使えば、トップの白髪カバーになります。ハーフアップやポニーテールの時も、ポイントを押さえればうまく白髪をカバーできます。

いかがでしたか? 白髪が目立たないヘアスタイルのポイントを押さえ、ヘアアイテムを使えば、オシャレしながら簡単に白髪カバーできますので、ぜひ参考にしてください。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
白髪を目立たせない!プロおすすめ大人ヘアアレンジ
伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ
NGシャンプーで老け髪に!美髪になるシャンプーのやり方
洗髪しすぎでフケ発生!?「頭皮が乾燥するNG習慣」4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら