つやプラ

つやっときらめく美をプラス

粘膜強化で免疫力UP!?健康な粘膜のために摂りたい栄養素

管理栄養士
今井尚美

身体を細菌やウイルスなどの外敵から守るには、「免疫力」が大切ですよね。そこで注目したいのが、「粘膜」の健康です。

粘膜を健やかな状態に保つことは免疫力UPにもつながるため、食事から粘膜強化を狙いましょう。

粘膜強化で免疫力UP!?健康な粘膜のために摂りたい栄養素

管理栄養士の筆者が、健康な粘膜作りのために摂りたい栄養素を3つご紹介します。

■粘膜を丈夫に保つと免疫力UPにつながるのはなぜ?

鼻や口などの粘膜は空気と触れることが多いため、細菌やウイルスなどの外敵が侵入しやすい場所です。冬場などの乾燥が気になる季節に、マスクなどで鼻や喉の粘膜を守るのはこのためです。

また、消化管の粘膜には、食べ物と一緒に外敵も侵入しやすいともいえます。したがって、粘膜を健やかな状態に保つことで、細菌やウイルスなどの外敵から身を守ることにつながります。免疫力UPも期待できるでしょう。

■健康な粘膜作りのために摂りたい栄養素3つ

(1)ビタミンA

「ビタミンA」は粘膜を丈夫にする働きがあるため、健康な粘膜作りには欠かせない栄養素です。脂溶性ビタミンなので、油と一緒に摂取すると吸収率もUPします。

「ビタミンA」が豊富な食品

レバー、うなぎ、卵、牛乳、チーズ など

(2)ビタミンB2

「ビタミンB2」にも、粘膜を保護して細胞の再生をサポートする働きがあります。ビタミンB2が不足すると、口内炎ができやすくなる場合もあります。

20~40代女性は、ビタミンB2の摂取量が不足気味な人が多いといわれています。

また、ビタミンB2は脂質の代謝に関わる栄養素なので、脂質が多い食事をしているとさらに不足気味になりやすいです。免疫力を上げたい時は、「脂質控えめ」の食事を心がけましょう

「ビタミンB2」が多い食品

レバー、うなぎ、さんま、ぶり、卵、納豆、牛乳、ヨーグルト など

(3)ムチン

「ムチン」とは、おくらなどのネバネバした食品に含まれている成分です。

ムチンのぬめりによって粘膜が保護されるため、風邪やインフルエンザ予防にもつながるといわれています

「ムチン」が多い食品

納豆、やまいも、里芋、おくら、なめこ、れんこん など

おすすめの調理法

ムチンは水溶性なので、加熱することによって食材から溶け出てしまいます。ですから、汁ごと食べられる調理法がおすすめです。

たとえば、「おくらの煮浸し」「なめこの味噌汁」「長芋や里芋の煮物」などです。「煮る」「茹でる(茹で汁まで利用する)」を意識してください。

食生活は、免疫力を上げるために大切です。急に免疫力を上げるための対策をするのではなく、日頃から着実に食事で対策していくようにしてくださいね。

(フリーランス管理栄養士 今井 尚美)

 

【関連記事】
20キロ減量ライター直伝!夏までに痩せる「食事の見直し方」
食物繊維の摂り方がカギ?巣ごもり中の便秘を改善する食べ方
上手に食べて美容&健康の味方に!太りにくい果物の食べ方
ちょい足しで栄養価UP!トマトの美肌効果を高める食べ方

【参考】
予防の立役者「IgA抗体」 – 大塚製薬
免疫力低下の原因 – 大塚製薬
ビタミンAの働きと1日の摂取量 – 健康長寿ネット
ビタミンB2のおはなし – エーザイ
ムチン – わかさ生活

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら