つやプラ

つやっときらめく美をプラス

ムレや臭いを改善して生理中も快適!「月経カップの使い方」

健康美&フィットネストレーナー
MIKA

アラフォー世代の女性にとって「生理」の悩みはさまざまだと思います。そのなかでも、生理中の臭いやかぶれによるかゆみ、漏れが気になる人は多いと思います。

そんな方におすすめしたいのが、「月経(生理)カップ」です。自然災害などで万が一生理用品が手に入りにくい状況になっても、月経カップは洗って繰り返し使用することができます。

生理中も快適!臭い&かゆみ改善「月経カップの使い方」

フィットネス美トレーナーの筆者が、月経カップの使い方やお手入れ方法についてご紹介します。

■「月経カップ」とは

「月経カップ」のメリット3つ

月経カップは医療用シリコンで作られており、日本酒を飲む時に使う「おちょこ」ほどの大きさです。このカップを膣の中に入れて、膣口を塞ぐように装着します。

月経カップを使ったことのない人が初めて使用すると抵抗があるかもしれませんが、自分の身体を知る良いチャンスでもあります。爪が長い人は、膣内を傷つけてしまわないように気をつけてくださいね。

月経カップの使い方

月経カップを「Uの字」になるように折り曲げたまま、膣内に挿入します。写真は、わかりやすいように透明のシャンパングラスを使っています。

(1)月経カップを「Uの字」になるように折り曲げます。

(1)の状態のまま、膣内に挿入し手指をはなし、カップを広げます

(2)(1)の状態のまま、膣内に挿入し手指をはなし、カップを広げます。

カップについている尻尾のような部分をつまんで回転させ、カップがきちんと広がっているか確認します。最初は不安に感じるかもしれませんが、医療用シリコンなどのやわらかい素材でできていますので慣れてしまえば簡単に装着できるようになります

(3)カップについている尻尾のような部分をつまんで回転させ、カップがきちんと広がっているか確認します。最初は不安に感じるかもしれませんが、医療用シリコンなどのやわらかい素材でできていますので慣れてしまえば簡単に装着できるようになります。

経血量にもよりますが、8〜12時間使用できます。

カップをとり出す時にカップの尾っぽの部分を引っ張ってとり出そうとすると、経血が飛び散る可能性があります。写真のようにカップを少し押し、カップ内の空気を軽く抜くようにしてから取とり出しましょう

(4)カップをとり出す時に尻尾のような部分を引っ張ってとり出そうとすると、経血が飛び散る可能性があります。写真のようにカップを少し押し、カップ内の空気を軽く抜くようにしてからとり出しましょう。

とり出したら、カップ内にたまった経血を捨てて洗ってからまた装着します。出先では、ペットボトル等に水を入れてトイレの個室内で、カップと手を洗うと良いでしょう。

月経カップを使う時のポイント

・最初のうちは、お風呂場等で練習をすると良いでしょう。生理でない時に練習をすると膣内のうるおいが足りず痛い場合があるので、生理中に練習することをおすすめします。

・慣れるまでは装着する場所によっては違和感があったり漏れがある場合もあるので、慣れないうちは念のために薄めのナプキンも使用した方が安心すると思います。段々と慣れてくると、装着する場所などが自分でわかってくると思います。

経血の量や経血の色の確認もできるので、「自分の身体を知る」という意味でもおすすめです。

■「月経カップ」のお手入れ方法

使用後の月経カップは、水、またはぬるま湯で洗います。

(1)水(または、ぬるま湯)で洗い流したカップを、無香料の石けんで洗浄します。

(2)カップが清潔になったことを確認したら、乾燥させます。

(3)カップがきちんと乾いたことを確認したら、清潔な状態で保管しましょう。

注意点

・月経カップには、針の先ほどの小さな空気穴が空いています。その小さな穴に汚れがたまりやすいので注意してください。

・生理が終わった時にカップの臭いが気になる時は、小さな鍋にお湯を沸騰させてカップを3〜5分ほど沸騰消毒させると良いでしょう。

月経カップは、慣れるととても便利で経済的です。YouTubeなどでも使い方を紹介しているので、ぜひ試してみてくださいね。

(フィットネス美トレーナー MIKA)

 

【関連記事】
お腹のぜい肉が落ちる!?縦割れお腹を目ざす美腹エクサ
資生堂エリクシールのしわ改善クリームの効果とは?[PR]
おこもり中にトライ!全身の筋力をアップして引き締めるヨガ
20分歩くだけで美ボディに!効果アップのポイント4つ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら