つやプラ

つやっときらめく美をプラス

1日3分でくびれる!たるんだお腹を引き締める簡単エクサ

ヘアメイク
mayu3

年齢とともに気になる「お腹のたるみ」。ヨガインストラクターの筆者が、毎日3分「たるんだお腹を引き締めるトレーニング」をご紹介します。

ご紹介するポーズは、腹筋に意識を向けることが大切です

くびれを作りたい方は、ぜひチェックしてくださいね!

■くびれを作る「お腹を引き締めるトレーニング」

ご紹介するポーズは、腹筋に意識を向けることが大切です

ご紹介するポーズは、腹筋に意識を向けることが大切です。

背中にお腹がくっつくようなイメージでお腹を薄くして、腹筋に力を入れます。腹筋に力を入れずらい場合は、お尻をキュッと引き締めると腹筋に力が入りやすくなります。

お尻がでっちりのような状態になると腰に負担がかかりやすく、腹筋を十分に使えていない場合があります

写真のポーズ(プランク)の時は、かかととお尻、頭が一直線になっていることがポイントです。お尻がでっちりのような状態になると腰に負担がかかりやすく、腹筋を十分に使えていない場合があります。

トレーニングを始める前に、正しいプランクポーズができているか確認してみましょう。

また、手首の位置より肩が前に出ると、手首に負担がかかってしまいます。手首は肩の真下にセットしましょう。ツライ場合は、手をグーにした状態でプランクポーズをすると良いでしょう。

やり方

プランクポーズになったら足を腰幅程度に開き、肩の真下に手首がセットできているか確認しましょう。お尻を突き出さないようにして、かかととお尻、頭が一直線になるようにします。

(1)プランクポーズになったら足を腰幅程度に開き、肩の真下に手首がセットできているか確認しましょう。お尻を突き出さないようにして、かかととお尻、頭が一直線になるようにします。

片手を天井方向に伸ばして、上半身をツイスト(ひねる)します。右手を上に伸ばす時は上半身を右にねじり、左手を上に伸ばす時は上半身を左にねじります。お尻の位置が高くならないように腹筋に力を入れて行いましょう

片手を天井方向に伸ばして、上半身をツイスト(ひねる)します。右手を上に伸ばす時は上半身を右にねじり、左手を上に伸ばす時は上半身を左にねじります。お尻の位置が高くならないように腹筋に力を入れて行いましょう

(2)片手を天井方向に伸ばして、上半身をツイスト(ひねる)します。右手を上に伸ばす時は上半身を右にねじり、左手を上に伸ばす時は上半身を左にねじります。お尻の位置が高くならないように腹筋に力を入れて行いましょう。

交互に手を天井方向に伸ばす動きですが、手首を痛めないように最初はゆっくりとしたテンポで行うことが大切です。手を伸ばす時に目線も天井方向に向けると、よりツイストが深まりますよ。

40秒間動作を続けたら、20秒間休憩します。これを1セットとして、同じ動きをもう2セット行いましょう。

今回ご紹介したトレーニングは腰が反ったりお尻が上がりやすいので、お尻を引き締めることを忘れずに行ってください。

(ヘアメイク/美容講師/美容ユーチューバー/ライター/美容師/メディカル美容矯正士/コスメ薬事法管理者 mayu3)

 

【関連記事】
ゴツい太ももの原因は股関節?下半身が軽くなる1分ストレッチ
お尻にビシッと効く!ごろ寝で上向き美尻になるエクサ
下半身の衰えがおば体型を招く!下半身弱体化を招くNG習慣
“冷え尻”は太りやすい!?腰まわりのほぐし方

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら