つやプラ

つやっときらめく美をプラス

ぽっこりお腹も細見え!トップス×ボトムスのベストバランス

スタイリスト
KOZUE

40代以降になってくると、着る服によってお腹がぽっこりと目立ってしまう場合がありますよね。隠そうとするとくびれがなくなり、余計に太って見えてしまうこともあります。

トップスとボトムのバランス

スタイリストの筆者が、体型カバーが叶う「トップスとボトムのバランスコーディネート」をご提案します。

■大人女性が太って見えるトップスとボトムのNGバランス

チュニック丈トップス×ワイドパンツ

膝上丈のチュニックにワイドパンツを合わせたスタイルは、隠しているつもりが逆に膨張して見えてしまいます。

ワンピースにレギンス、ワイドパンツならウエストインにするなど、メリハリをつけるといいですね。

ショート丈トップス×スキニーパンツ

スキニーパンツは身体のラインが強調されるので、短めなトップスでウエスト周りを全て見せると、視線がお腹にいってしまいがちです。

お尻が半分くらい隠れる丈で裾フレアなAラインのトップスがおすすめですよ。

Aラインのトップス×ギャザースカート

Aラインのトップスに、ウエストにボリューム感のあるギャザースカートを合わせると、ウエストの位置が分からずボテッとした印象になってしまいます。

Aラインのロングワンピースで落ち感(布生地が女性の体の線にそって落ちる)のあるシルエットにした方が、痩せて見えます。

■ウエストラインの着痩せにおすすめのアイテム

太めのベルト付きスカート

共布のベルト付きスカートなど、ウエストマークできるものがおすすめです。

細いベルトだと、ベルトからお腹の肉がはみ出すこともあるので要注意です。

とろみ素材のワイドパンツ

落ち感のあるとろみ素材のワイドパンツは、ほどよくお腹をカバーしてくれるアイテムです。

ウエストの後ろだけゴムになっているものを選ぶと、ウエストインにしてもすっきりと着こなせますよ。

裾タックやリボン付きのブラウス

ブラウスの裾にタックやギャザーが入っていたり、リボンが付いていたりするデザインだと、ポイントになるのでウエスト周りにメリハリがつきます。下腹もカバーできるので着痩せ効果がアップします。

■体型カバーが叶う!トップスとボトムのベストバランスコーディネート3選

(1)ウエストにポイントをつけたセットアップスタイル

ウエストにポイントをつけたセットアップスタイル

(カノコジャージー カットソー/自由区 税込価格8,800円・カノコジャージー ワイドパンツ/自由区 税込価格13,200円)

ナチュラルカラーのセットアップは全体がぼやけて太って見えてしまうので、ウエストリボン付きを選んでメリハリをつけたスタイルに。ぽっこりお腹もほどよくカバーできます。

(2)ベルト付きパンツにウエストインしたスタイル

ベルト付きパンツにウエストインしたスタイル

(2wayフレンチリネンシャツ/YECCA VECCA 税込価格9,350円)

ワイドパンツは、シャツを軽くインにしてブラウジングすると、こなれ感が出ます。

ウエストベルトはリボン結びにするとボリュームが出てしまうので、軽く結んで垂らしたスタイルがよいでしょう。

(3)スリット入りのワンピースにデニムをチラ見せスタイル

スリット入りのワンピースにデニムをチラ見せスタイル

(バックリボンニットワンピース/earth music&ecology 税込価格3,999円)

ワンピースにスキニーデニムを合わせた、大人カジュアルコーデで体型をカバー。

深めのスリットが入っているので下半身のラインがほどよくチラ見えし、着痩せ効果がアップします。

着痩せのコツは、体型を全て隠してしまうのではなく、ほどよくメリハリをつけることが重要です。お持ちの服でいつもと違うコーディネートをして、スタイルアップしてみてください。

(スタイリスト KOZUE)

 

【関連記事】
40•50代が気をつけるべき「ぺたんこ靴」のNGコーデ
40•50代が着てはいけない明るい色のNGコーデ3つ
40•50代が履いてはいけないロングスカート3つ
40•50代が着てはいけないご近所コーデ3つ

【参考】
オンワード

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら