つやプラ

つやっときらめく美をプラス

誰でも着痩せできる!痩せ見え秋ボトムの選び方

スタイリスト
KOZUE

だんだんと肌寒くなり、そろそろファッションも秋の装いになりますね。ボトムは素材が厚手になったり、トップスもボリュームのあるものを着るので、どうしても着膨れ感が気になってしまいます。

ボトムを履いた女性

スタイリストの筆者が、下半身のラインが気になる大人女性がすっきりと着痩せして見えるボトムの選び方をご紹介します。

■着痩せ効果がアップするボトム選びのコツ

ワイドパンツは、センタープレスで引き締める

秋冬だと素材が厚手になるので、ワイドパンツはボリューム感が出てしまいがちですよね。

そんな時は、センタープレスのものを選んで、すっきりと引き締め効果をアップさせましょう。あまりワイド過ぎず、程よいゆとりのあるシルエットのものを選ぶことがポイントです。

スカートのシルエットは、すっきりIラインで

寒くなるとトップスもたくさん着込むので、ボリュームのあるロングスカートだと着膨れしてしまいがち。タイトや程よいAラインシルエットのロングスカートにすると、バランス良くすらっと見せることができます。

ブーツなどの程よくボリュームのあるシューズを合わせると、より下半身をすっきり見せることができます

デニムパンツは、濃いめの色味で

デニムパンツは薄いブルーよりノンウオッシュのネイビーにすると、グッと秋っぽい着こなしができますし、着痩せ効果もアップします

あまりワイドシルエットのものではなく、程よくゆとりのあるストレートシルエットの方がトップスも合わせやすいのでおすすめです。

スキニーパンツはしっかりした生地で、程よくゆとりもあるものを

薄手でピタッとし過ぎたスキニーパンツだと、身体のラインを強調して太って見えてしまうこともあります。しっかりとした素材のものを選んで、食い込みを防ぎましょう。

寒くなった時にタイツなどを着ることも考慮して、ワンサイズ大きめにすると良いでしょう

■秋におすすめのボトムコーディネート4選

(1)ワイドパンツは、トップスをウエストイン

ワイドパンツは、トップスをウエストイン

(スーパーサン ワイドパンツ/JOSEPH STUDIO 税込価格30,800円)

センタープレスのワイドパンツにすっきりシルエットのリブニットを合わせて、マニッシュなスタイルに。トップスをインにして、脚長効果をアップさせましょう。

足元は、ワイドパンツに負けないようにボリュームのあるシューズを選んでくださいね。

(2)ジャケットにタイトスカートを合わせて、Iラインシルエットに

ジャケットにタイトスカートを合わせて、Iラインシルエットに

(ヘヴィダンボール タイトスカート/ICB 税込価格19,800円)

タイトスカートにジャケットを合わせて、すっきりシルエットのクールなスタイルに。ジャケットはジャストサイズではなく、ゆとりのあるダブルなどのトレンド感のあるものを選びましょう。

インナーにTシャツを合わせてカジュアルダウンさせると◎。

(3)フレアデニムパンツで脚長効果アップ

フレアデニムパンツで脚長効果アップ

(ELENCARE DUE フレアスキニーパンツ/Green Parks 税込価格4,400円)

花柄ブラウスにデニムパンツを合わせて、大人ガーリーなスタイルに。

フレアシルエットのデニムにすっきりとしたショートブーツを合わせると、脚長効果もアップしますよ。

(4)スキニーパンツにゆったりニットで大人カジュアルに

スキニーパンツにゆったりニットで大人カジュアルに

(23区DENIM スキニー パンツ/23区 税込価格16,500円)

黒スキニーパンツにはメンズサイズくらいのゆったりカーディガンを合わせて、下半身痩せコーデに。

足元を華奢シューズにすると足の太さを強調してしまうので、ごつめなブーツでバランスをとりましょう。

寒くなって着込む季節は、やはり着膨れが1番の悩みですよね。シルエットや素材などを上手にチョイスすれば、寒い季節もすっきりと着こなすことができます。ご紹介したコーデを参考に、自分のベストな1枚を見つけてみてくださいね!

(スタイリスト KOZUE)

 

【関連記事】
40•50代が着てはいけない!二の腕むっちりNGトップス
40•50代が1着は持っておきたい大人の黒ワンピ3つ
40•50代がすべき「オバ見えしない」白Tシャツの着こなし7つ
40•50代がやってはいけない!アクセサリーコーデ3つ

【参考】
オンワード

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら