つやプラ

つやっときらめく美をプラス

品質を落とさないために!冷凍庫での保存に向かない食材とは

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

食品を保存する場所として冷凍庫はとても重宝されます。鮮度を保ち、品質を落とさずに長期保存することができます。でも、なかには冷凍庫での保存に向かない食材もあります。誤って入れてしまうと、あっという間に品質を落としてしまうことになりかねません。冷凍庫に頼りすぎは禁物です。そこで今回は、料理研究家である筆者が【冷凍庫での保存に向かない食材】についてご紹介します。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|つやプラ

■繊維の多い食材は筋っぽく

繊維が多い食べものは、冷凍保存には向いていません。冷凍すると水分だけが抜けてしまい、食感が筋っぽくなってしまうからです。繊維の多い食材というと、ごぼうやタケノコなどが挙げられます。

 

■ジャガイモはボソボソ食感に

ジャガイモも、冷凍すると水分が抜けやすいことで知られています。カレーなどと一緒に冷凍すると、ジャガイモの水分が失われてボソボソッとした食感になってしまいます。冷凍する場合は、すりつぶすなどの工夫が必要です。

 

■水分の多い野菜も

レタスやきゅうりなどの水分が多い野菜を冷凍すると、解凍したときに水分が出て、張りのないべチャッとした食感になります。細かく切って密閉袋などに入れての冷凍保存の方法もありますが、品質の低下は否めません。

 

■薬味に使うものは風味が落ちる

生姜やニンニク、ネギなどの薬味に使うものは、冷凍すると風味が落ちてしまいます。風味が肝心な食材なだけに、とても残念なこと。こちらも、みじん切りやすりおろすことで保存も可能ですが、やっぱり使う直前に調理したいものですね。

 

■マヨネーズは油が分離する

マヨネーズを凍らせてから解凍すると、油やそのほかの成分が分離してしまい、使いものにならなくなります。冷凍庫ではなく、冷蔵庫の奥の冷たい箇所に入れておくだけでも分離しかねないので注意しましょう。

 

■せっかくの高級食材が溶ける

生ウニを冷凍保存すると、組織が壊れてしまい、解凍したときに形が保てずに溶けてしまいます。せっかくの高級食材が台無しです。間違っても冷凍庫には入れないようにしましょう。

 

いかがでしたか? 鮮度を保とうと思っていたつもりが、裏目に出てしまうことがあります。冷凍庫は決して万能ではないので、まずは新鮮なうちに食べ切ることを意識するようにしましょう。
(料理研究家/オガワ チエコ)

【関連記事】
塩も油も!?冷蔵庫の“野菜室”で保存するべき調味料

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

やりがちNGエイジングケア3つとは?美容家に聞く「“前向き”年齢肌対策」のすすめ

エイジングケア※1といえば高価なスキンケアやスペシャルケアが必要というイメージがありますが、実は一番大事なのは基本の保湿ケア。基本のケアをないがしろにしてしまうと、安定しない揺らぎやすい肌になってしま …

  • ツヤ肌
  • ハリ
  • ハリ肌

「敏感肌」に×なNGケアとは?乾燥の季節を乗り切るためのルール3つ

敏感肌やゆらぎ肌には、ちょっと憂鬱な夏を過ぎた肌。この時期に感じる不調には、紫外線の影響をしっかりとうけてしまった、急な気温の変化で身体がついていけない、忙しくて休息が足りないなど、思い当たる方も多い …

  • スキンケア
  • 乾燥肌
  • 敏感肌

「枯肌」の原因はストレスにあった!? アラフォーに使って欲しい話題のアイテムとは

頬のたるみや目元の影ジワ、キメの乱れた肌……このような肌トラブルがかさなり、自分の肌が枯れているように感じていませんか。毎日スキンケアを頑張っているのに肌が枯れたように見えてしまう、そんな人はストレス …

  • エイジング
  • スキンケア

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら