つやプラ

つやっときらめく美をプラス

美肌メイクのポイントは3つ!プロが教えるベース作りのコツ

mayu3

大野

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

年齢とともに「シミ、シワ、くすみ」などが気になりだしますよね。今回ご紹介するのは、ベースメイクでできる素肌美人です。

美肌メイクのポイントは3つ!プロが教えるベース作りのコツ

ヘアメイクで美容講師の筆者が、時間をかけずに美肌にみせるポイントやアイテムをご紹介します。

■美肌にみせる、ポイントとは?

肌トラブルが起きやすい場所は、顔の中心の「目の周り、口周り、頬」です。この顔の中心をカバーしてあげることが、美肌にみせるポイントとなります。

美肌メイクは「BBクリーム」と「CCクリーム」で決まり

美肌をつくるために必要なアイテムが「ベースメイクアップ化粧品」です。化粧下地、ファンデーション、パウダーのことを指します。

ベースメイクアップ化粧品で主流になってきているのが、「BBクリーム」と「CCクリーム」です。時間をかけずに美肌をつくることができます。

BBクリームとCCクリームには、化粧下地成分とスキンケア成分が入っています。1本でベースメイクが完成できる優秀な化粧品です。

「BBクリーム」と「CCクリーム」の違いとは?

BBクリーム

肌をしっかりとカバーすることができます。

クリームタイプのファンデーションのような使用感で、カバー力が高く、うるおい効果もあるのが特徴です。
コンシーラーや日焼け止めの機能を兼ね備えているものもあります。

CCクリーム

肌色を自然に調整することができます。

肌の色味を整えて、肌をきれいにみせてくれるのがCCクリームの特徴といえます。
BBクリームよりも仕上がりが軽く、スキンケア効果も期待できるでしょう。

■メイク汚れは美肌の大敵

肌に良いBBクリームやCCクリームでも、メイクを落とさないで寝ると肌トラブルの原因になります。

毎日のクレンジングと洗顔を心がけましょう。

忙しい朝ほど、メイクに時間をかけたくないと思う方は多いですよね。美肌に見せるコツは、ベースメイクアップ化粧品をうまく使うこと。自分の肌質に合わせて、使いやすいアイテムを見つけましょう。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
色を重ねるのがポイント!クマ隠しに◎なコンシーラー活用術
老け見え注意!トレンド「ブラウンメイク」の落とし穴5つ
“眉消え”の原因は2つの油!?「落ちにくい眉」の描き方
「疲れてる?」と言わせない!笑顔に見せる、リップメイク術

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら