つやプラ

つやっときらめく美をプラス

髪のボリュームにハッとしたら…すぐに始められる「薄毛対策」

ヘアメイク
上野リサ

毛先のダメージやまとまらないといった髪の悩みもありますが、年齢とともに気になり始めるのが薄毛です。

多くの場合はじわじわと変化していき、ある時、急に地肌の透け感にハッとしたり、10年前の写真とは明らかに生え際が違うことに気づくと思います。

髪のボリュームにハッとしたら…すぐに始められる「薄毛対策」

そんな事態をさけるために、毛髪診断士の筆者が「すぐに始められる薄毛対策」をご紹介いたします。

■こまめに分け目を変える

分け目を変えないでいると、同じ部分の頭皮だけが紫外線ダメージを多くうけます。肌と同じように、乾燥、ハリ、弾力の低下によって、薄毛の原因につながってしまいます。

なので、こまめに分け目の位置や角度を変えましょう。根元がいつも同じ方向に引っ張られていると頭皮の負担になるので、無造作に流して分け目をくっきりとしたラインにしないのも得策です。

■育毛系ローションや頭皮用の美容液を使う

日々のシャンプーで清潔に保ち、トリートメントで髪をいたわることは大切ですが、薄毛予防には、もう一手間必要です。

頭皮や髪にうるおいを与えたり、育毛や髪を補修する効果が期待できるものを活用しましょう。育毛系ローションや頭皮用の美容液など、朝晩使えるアイテムがおすすめです。

肥沃な大地に立派な植物が育つように、健康な頭皮で美しい髪が育まれます。毎日の習慣にぜひ加えてみてください。

■髪の洗い方やすすぎを丁寧に

「臭いやベタつきが、昔に比べて早く気になるようになった」「根元がつぶれてペッタリとしている」という場合は、頭皮の汚れが残っているかもしれません。汚れた頭皮は常在菌のバランスが乱れ、臭いやかゆみの原因となります。

そして、毛穴の詰まりは薄毛につながります。シャンプー時にしっかりと頭皮をほぐすように洗ったり、シャンプー前の予洗い、シャンプー後のすすぎは特に丁寧にしてください

日常的なお手入れでは物足りない方は、頭皮用のクレンジングを週に1〜2回とり入れると良いでしょう。また、使っているシャンプーやトリートメントが毛先のケアを目的とした「しっとり系」だと、頭皮には重たく感じる場合もありますので使い方に気をつけるようにしてください。

年齢を重ねると、外見も内面も変化します。その時々に合ったお手入れ方法で、いつまでも輝く美しさをキープしたいですね。

(フェイスコンダクター/ヘア&メイクアップアーティスト/毛髪診断士 上野リサ
大手化粧品メーカーでメイクアップアーティストとして活動後、幅広いジャンルで「顔創り」に取り組む。顔を起点とした”善い美容習慣の定着”を目指す「face conductor」というジャンルを開拓。)

【関連記事】
白髪を目立たせない!プロおすすめ大人ヘアアレンジ
伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ
NGシャンプーで老け髪に!美髪になるシャンプーのやり方
洗髪しすぎでフケ発生!?「頭皮が乾燥するNG習慣」4つ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら