つやプラ

つやっときらめく美をプラス

ヤセられない原因、「カルシウム不足」かも?対策フード3つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

ダイエットや美肌のためにビタミンを意識している方は多いと思いますが、ミネラルはどうでしょうか? 食生活が欧米化したことにより日本人に不足しがちになった「カルシウム」は、特にダイエットと関係の深いミネラル。カルシウムが効率よく摂れる食べ物をご紹介します。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|つやプラ

■カルシウム不足が脂肪の原因に!?

骨のイメージの強いカルシウムですが、慢性的に不足すると、脂肪の蓄積を促してしまうそう! カルシウムが不足すると調節ホルモンが働き、体内のカルシウムの働きを調節する活性型ビタミンDの生産量が増えます。さらに脂肪細胞内へのカルシウムイオンの取り込みを促し、脂肪細胞内に入り込むと、脂肪の合成が促されるだけでなく、分解が抑制されて脂肪が溜まりやすい状態になってしまうのだそうです。

 

■脂肪の蓄積をストップ!カルシウムが効率よく摂れる食べ物3つ

(1)昆布

カルシウムは吸収の悪いミネラルなのですが、日本昆布協会によれば昆布に含まれるカルシウムなどのミネラルは、その約80%が体内に吸収されると言われているそう。カルシウムの多い小魚でも、その吸収率は約30%と言われていますから、昆布のカルシウムはとても吸収率の良いカルシウムです。

 

(2)チーズ

牛乳などを発酵して作ったチーズは、発酵過程でミネラルがイオン化され、身体に吸収されやすい状態になっているそう。長期熟成されたチーズほど、ミネラルがイオン化されるそうですから、カルシウムチャージのために食べるのであれば、長期熟成されたハードチーズがおすすめ。

 

(3)青魚

カルシウムの吸収を高めるビタミンD。青魚にはビタミンDとカルシウムが両方含まれていて、カルシウムの吸収を助けます。骨ごと食べられるサバ水煮缶やイワシ水煮缶を利用してみて!

大人になると意識しなくなるカルシウム。カルシウムは、お肌のバリア機能を高める作用もあるそうですから、ダイエットと美肌のために、カルシウムを積極的に摂ってみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

【関連記事】
「食べない」は卒業!30代がキレイに痩せる5つのルールとは?

【参考】
メタボ予防にカルシウムを!- カルシウムイオン.com
昆布の栄養 – 日本昆布協会
第70回カルシウムの吸収率ナンバー1! – いいほね.jp
成分情報 ビタミンD – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

エイジングケア、何から始めるべき?「つやプラ×オルビス 迷える女性におくる美容セミナー」をレポート

肌のハリ・つやのなさが最近気になる……エイジングケア※1を始めたいけれど何から始めたら良いの? という迷いを感じているなら、あなたも“エイジングケア迷子”かも。 2018年10月10日に開催されたイベ …

  • ツヤ肌
  • ハリ
  • ハリ肌

「敏感肌」に×なNGケアとは?乾燥の季節を乗り切るためのルール3つ

敏感肌やゆらぎ肌には、ちょっと憂鬱な夏を過ぎた肌。この時期に感じる不調には、紫外線の影響をしっかりとうけてしまった、急な気温の変化で身体がついていけない、忙しくて休息が足りないなど、思い当たる方も多い …

  • スキンケア
  • 乾燥肌
  • 敏感肌

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら