つやプラ

つやっときらめく美をプラス

「噛み方」チェンジ!お食事中に顔のたるみをリフトアップする方法


遠藤幸子

endosan

シワ、シミ、くすみ、たるみ、ほうれい線などのエイジングサインの中で、最も顔の印象が変わるのが「たるみ」ではないかと言われています。一因として表情筋の衰えがありますが、エクササイズなどで鍛えればリフトアップできる可能性大! しかし、特別なケアは面倒で続かないという人も多いのではないでしょうか。そこで、毎日の食事の「噛み方」を工夫するだけでリフトアップ効果が期待できる美容法をご紹介します。

528942d70881c614e13af7eab0bec43f_s

■噛み方を工夫する前に!普段から心掛けたいこと

「噛み方」を工夫する前に、まず心掛けたいことがあります。それは常に姿勢を正すということ。なぜなら、猫背は「たるみ」をまねく要因とも言われているからです。様々な美容法やスキンケアなどで解消を試みても、姿勢が悪ければ効果が得られません。座る時はもちろん、歩く時、立っている時、どんな時も胸を開き姿勢を正すことを習慣にすることをおすすめします。

 

■リフトアップする「噛み方」のポイント

それでは食事の際の「噛み方」についてご紹介します。どのようなことに気をつけると効果的なのでしょうか。

  • 食べ物を口に運ぶ時は、大きめに口を開ける。
  • 最初の一口は、30回噛む。
  • 二口目以降も、できるだけよく噛んで食べる。
  • かかとを上げながら、左右5回ずつ噛む。
  • 前歯、奥歯、左右の歯、バランスよく使って噛む。

 よく噛んで食べることは表情筋を鍛え、たるみを解消・予防する効果が期待できるだけでなく食べ過ぎ防止にも繋がるので、ダイエットにも良さそうですね。「噛み方」を見直して習慣化することで、「たるみ」に対抗していくことが大切です。
(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】
「顔のたるみ」リフトアップ!小顔を手に入れるテクニックまとめ

【参考】
※歯科医 宝田恭子監修部分『ほうれい線は消せる!』(日経BPムック)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

見た目年齢−7歳!?雪のような美肌に導く「Cゾーン」ケアって?

美意識が高い人ほど、自分の肌に次々と現れるエイジングサインが気になり、それに対するケアに終始しがちです。けれど実際に見た目年齢を左右するのは、ひとつひとつの「ポイント」ではなく、「ゾーン」なのです。 …

  • 40代
  • 紫外線

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら