つやプラ

つやっときらめく美をプラス

若々しい目元に◎!プロ厳選「プチプラアイライナー」3選

mayu3

大野

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

この時期にSNSで話題のハッシュタグが「夏コスメ」です。

30代以降の大人メイクに必要な夏コスメは、ぼやけやすい顔をはっきりさせる「アイライナー」です。

若々しい目元に◎!プロ厳選「プチプラアイライナー」3選

ヘアメイクとコスメコンシェルジュとして活躍する筆者が、この夏おすすめのプチプラアイライナーをご紹介します。

■アイライナーを選ぶ時のポイント5つ

(1)目に刺激が少ない

目の際につけるものなので、刺激を感じた際は使用をやめましょう。

(2)アイライナーの乾きが早い

乾くのが遅いと、メイクに時間がかかってしまいます。

特に、一重や奥二重の方は、アイライナーがまぶたにつきやすい形をしていますので、速乾タイプのものを選ぶようにしましょう。

(3)ラインが描きやすい

アイライナーは、「リキッドタイプ」「ジェルタイプ」「ペンシルタイプ」「パウダータイプ」など、さまざまな種類があります。

バラエティショップやドラッグストアで実際に試せるコーナーもありますので、自分が描きやすいタイプを見つけましょう。

(4)仕上がりがきれい

ラインを描いても、「色が薄い」「ラインが擦れる」アイライナーはNGです。

1回描いただけでしっかり色が出て、重ね塗りしてもかすれないタイプを選ぶようにしましょう。

(5)汗や水に強い

いくらきれいにラインを描けても、化粧崩れしてしまうのでは意味がありません。

特にこの時期は、汗や水に強い「ウォータープルーフ」タイプを選ぶようにしましょう。

■この夏おすすめのプチプラアイライナー3選

筆者が実際に試しておすすめの「プチプラアイライナー」を3つご紹介します。

(1)エアフィットライナー/ノール

エアフィットライナー/ノール

ラインが描きやすい筆ペンタイプで、「バーガンディー」「チャコールブラック」「アッシュブラウン」の3色があります。どの色も肌なじみが良くやりすぎ感がでないので、気分で色を使い分けるのもおすすめです。

重ねつけしても擦れず、汗や水にも強いので、夏にぴったりです。
(0.5g 全3色 税抜価格1,300円)

(2)レディオスカル リキッドアイライナー/ベルサイユのばら

レディオスカル リキッドアイライナー/ベルサイユのばら

スーパーウォータープルーフ処方で、汗や水、皮脂に強いアイテムです。にじみにくいのにお湯で簡単にオフできるので、クレンジングに手間がかかりません。

また、美容成分が15種類も入っていて、デリケートな目元のケアもしてくれます。
(0.4ml 税抜価格1,200円)

(3)レアフィットジェルペンシル/ケイト

リキッドタイプが苦手な方におすすめのアイテムです。柔らかいペンシルで、ジェルのように滑らかなラインが描けます。

1.5mmの極細芯で、細いラインも描きやすいのが特長です。もちろん、皮脂や汗、水に強いウォータープルーフ処方で、この時期活躍してくれます。
(全2色 ノープリントプライス)

アイライナーは、目元をくっきりさせて若々しい印象にしてくれるので、大人メイクに欠かせないアイテムです。

特に、暑い時期は崩れにくいアイライナーがポイントとなります。自分に合ったアイライナーを見つけて、夏の大人メイクを楽しみましょう。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選

【参考】
エアフィットライナー – ノール
レディオスカル リキッドアイライナー – ベルサイユのばら
レアフィットジェルペンシル – ケイト

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

大人スキンケアへの近道!目指したいのは、潤ってきらめく肌!?

最近、肌つやが足りないと感じていませんか? つやは肌がうるおった状態ではじめて生まれるもの。ですから肌に輝きが感じられないときは、肌が乾燥していたり、くすんでいたりします。 しかも、これから本格的な乾 …

  • アイテム
  • スキンケア
  • ツヤ肌
  • 乾燥肌

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら