つやプラ

つやっときらめく美をプラス

鮮やか発色で顔色UP!くすみを飛ばす「美発色コスメ」2選

上野リサ

13083150_991286497623829_494159747129795529_n-1

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

普段は、ブラウン系などの肌なじみ良いアイシャドウを選んでいる方でも「夏は、大胆なカラーメイクを楽しみたい」という方もいらっしゃるでしょう。

夏の大人つやカラーメイク!くすみを飛ばす鮮やかメイクテク

メイクアップアーティストの筆者が、大人のカラーメイクを上手に楽しむポイントをご紹介いたします。

■くすみがちな肌には、くっきり鮮やかな発色のカラー

大人のカラーメイクのポイントは、「鮮やかさ」です。つややかな美しさのためには、肌の見え方も大切です。この時期の肌は、夏冷えからの血行不良、日焼けによるくすみや乾燥で、いつものブラウン系メイクさえも顔色をにごらせます。

眉やアイライン、マスカラなどは、いつもよりくっきりとコントラストをつけるようにしましょう。アイシャドウは思い切って派手色をチョイスすると、鮮やかな色が肌色のあらをぼかしてくれます。繊細に輝くパールやメタリックな質感のものがおすすめです。

派手な色が苦手な方

鮮やかな色は肌色からも浮いて見えやすく、抵抗のある方もいらっしゃいますね。そんな時は、派手色のアイシャドウを塗った上から、ブラウンアイシャドウをうっすら重ねてつけてあげましょう

ただし、派手色に選んだアイシャドウがくすんでいると綺麗に仕上がりませんので、思い切って鮮やかな色を選ぶこともポイントです。

いつものブラウンアイシャドウの奥にキラリと鮮やかな色が透けて、上品なカラーメイクに仕上がります。

■下まつげのきわにカラーライン

細めのチップを使って、カラーラインとして派手色を下まつげのきわに入れると、派手すぎず目元の表情に動きがでます。

目の下のクマや顔全体のくすみを強調する場合があるので、下まぶたには、黒やグレー、濃いブラウンは重ねずに仕上げましょう

デザイニング カラー アイズ/スック

デザイニング カラー アイズ/スック

肌映えする絶妙な色使いに定評がある「スック」のアイシャドーパレットです。

上品にきらめくパール感が、美しく目元を彩ります。アクセントカラーにブルーを下まつげのキワに入れると、涼しげな目元を演出できます
(全12種 税抜価格6,800円)
画像カラー:07 翡翠光-HISUIKOU

■血色が透けて見えるような肌が理想

夏は、暑さで血流が良く、肌表面がうっすら汗で光っているような印象が理想的です。

肌のイキイキとしたハリを感じるような色と質感は、鮮やかな発色と肌なじみの良さが魅力のクリーム系のチークがおすすめです。

クリーム ブラッシュ/コスメデコルテ

クリーム ブラッシュ/コスメデコルテ

高透明度のパールとオイルのつやが、ナチュラルな血色感を叶えてくれます

軽やかなつけ心地で肌への密着感が高く、色持ちが良いので汗や皮脂による崩れ対策としても優秀です。
(全8色 税抜価格3,500円)
画像カラー:RD450

鮮やかな発色のアイテムは、うっすらつけても効果が出やすいのが特徴です。躊躇してしまう方も多いですが、上級ナチュラルメイクには欠かせないテクニックでもありますので、加減をマスターしてメイクの幅を広げましょう。

(フェイスコンダクター/ヘア&メイクアップアーティスト 毛髪診断士 上野リサ
大手化粧品メーカーでメイクアップアーティストとして活動後、幅広いジャンルで「顔創り」に取り組む。顔を起点とした”善い美容習慣の定着”を目指す「face conductor」というジャンルを開拓。)

【関連記事】
発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選

【参考】
デザイニング カラー アイズ – スック
クリーム ブラッシュ – コスメデコルテ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

エイジングケア、何から始めるべき?「つやプラ×オルビス 迷える女性におくる美容セミナー」をレポート

肌のハリ・つやのなさが最近気になる……エイジングケア※1を始めたいけれど何から始めたら良いの? という迷いを感じているなら、あなたも“エイジングケア迷子”かも。 2018年10月10日に開催されたイベ …

  • ツヤ肌
  • ハリ
  • ハリ肌

「敏感肌」に×なNGケアとは?乾燥の季節を乗り切るためのルール3つ

敏感肌やゆらぎ肌には、ちょっと憂鬱な夏を過ぎた肌。この時期に感じる不調には、紫外線の影響をしっかりとうけてしまった、急な気温の変化で身体がついていけない、忙しくて休息が足りないなど、思い当たる方も多い …

  • スキンケア
  • 乾燥肌
  • 敏感肌

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら