つやプラ

つやっときらめく美をプラス

「おブス猫背」を寝ながら改善!枕を使った簡単ストレッチ

MIKA

MIKA_04

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

電車やバスに乗ると、ほとんどの人がスマートフォンを見ている世の中になりました。スマートフォンやPCを見ながら、知らない間に「猫背」になっていませんか?

寝ながらおブス猫背を改善!枕を使った簡単ストレッチ

「猫背」は見た目が悪いだけでなく、肩や首がこったり、呼吸が浅くなったりと、悪循環を引き起こします。

女性の心と身体の元気を応援する健康美運動指導士の筆者が、まくらやクッションを使った「おブス猫背改善法」をご紹介します。

■クッションを使ってリラックス!「おブス猫背」の改善法

お家にあるクッション、もしくは枕を2〜3つ用意します。

クッション、もしくは枕を並べます

(1)クッションを並べます。

クッションの1つ目のところに頭、2つ目に胸がくるくらいの位置に仰向けになります。両腕を横に開き、手のひらは上向きにします。足はリラックスしやすい幅に少し開いておきましょう

(2)クッションの1つ目のところに頭、2つ目に胸がくるくらいの位置に仰向けになります。両腕を横に開き、手のひらは上向きにします。足はリラックスしやすい幅に少し開いておきましょう。

(3)胸の開きを感じられるように肩の力を抜き、深い呼吸を繰り返しましょう。息を鼻からゆっくり大きく吸って、口からゆっくりと吐きます。

この呼吸をしばらく繰り返していくうちに、ウトウトと眠くなってしまうかもしれません。目を閉じて(3)の動作を5分〜10分間行い、深い呼吸と共に胸や肩の前の辺りが気持ちよく開いていることを感じながらリラックスしましょう。

仰向けになると腰が痛い人は、ひざを立てるようにしましょう

もし、仰向けになると腰が痛い人は、ひざを立てるようにしましょう。

足裏をくっつけてリラックス

股関節が柔らかい人は、足の裏同士をくっつけてあげましょう。

胸、肩の前、股関節を気持ちよく開くことができ、リラックスすることができます。

高さが低めの枕やクッションの場合

高さが低めの枕やクッションの場合は、胸の下の位置にくる2番目のクッションを2つ重ねて少し高さを出すようにすると、より胸が開いて気持ちいいですよ

高さが低めの枕やクッションの場合は、胸の下の位置にくる2番目のクッションを2つ重ねて少し高さを出すようにすると、より胸が開いて気持ちいいですよ。

いかがでしょうか? 気軽に実践できるので、スマートフォンやPC操作を長い時間して疲れた時や寝る前に、試してみて下さい。

(フィットネス美トレーナー MIKA
フィットネス指導歴30年。ヨガ、サップヨガ、ピラティス、フィットネス全般指導、各種イベント講師。心とカラダの健康美をサポートする「フィットネス美トレーナー」として活動中。)

【関連記事】
足首が太くなる!?ズルズル歩きにぺたんこ靴…NG習慣5つ
体重増加と老けが加速!?朝にやりがち「NG習慣」7つ
寝る前3分!疲れとお腹ポッコリ解消の「陰ヨガ」
たったの3分!すっきり痩せ見えが叶う「二の腕エクサ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

エイジングケア、何から始めるべき?「つやプラ×オルビス 迷える女性におくる美容セミナー」をレポート

肌のハリ・つやのなさが最近気になる……エイジングケア※1を始めたいけれど何から始めたら良いの? という迷いを感じているなら、あなたも“エイジングケア迷子”かも。 2018年10月10日に開催されたイベ …

  • ツヤ肌
  • ハリ
  • ハリ肌

「敏感肌」に×なNGケアとは?乾燥の季節を乗り切るためのルール3つ

敏感肌やゆらぎ肌には、ちょっと憂鬱な夏を過ぎた肌。この時期に感じる不調には、紫外線の影響をしっかりとうけてしまった、急な気温の変化で身体がついていけない、忙しくて休息が足りないなど、思い当たる方も多い …

  • スキンケア
  • 乾燥肌
  • 敏感肌

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら