つやプラ

つやっときらめく美をプラス

糖質オフに◎冬太りしない「ベジヌードル」の温活レシピ

ユウコ

-

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

寒くなってくると食べたくなるのが、「ラーメン」や「うどん」といったあたたかい麺料理ですね。身体があたたまることは良いのですが、糖質をとり過ぎてしまうか不安になります。

糖質オフに◎冬太りしない「ベジヌードル」の温活レシピ

そこでこの冬おすすめしたいのが、野菜で作る「ベジヌードル」です。ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、ひと味違った楽しい食感のレシピをご紹介します。

■運動不足になりやすい冬は、糖質過多にご注意

寒い日のランチにはあたたかい麺料理を選びがちですが、ラーメンやうどん、そばなどの麺類には、相当量の糖質が含まれています。

そして、冬の定番といえば鍋料理ですが、こちらもシメに米や麺などを入れることが多いので、冬は比較的糖質が過多になりがちです。

さらに、冬は寒さから運動不足になりやすいため糖質が消費しにくくなるので、糖質の摂取量には注意したいところです。

■各種の野菜で作る「ベジヌードル」

糖質の摂りすぎを防ぐために、各種の野菜を切って作る「ベジヌードル」がおすすめです。野菜で作った麺を使うことで、「ビタミン」や「ミネラル」「食物繊維」がとれるのでデトックスにもつながり、ダイエット効果も十分に期待できます。

また、食感も楽しく、和風、中華風とアレンジもきくので鍋のシメにもぴったりです。

専用のカッター

基本的にはピーラーや包丁があれば簡単にできますが、専用の「ベジヌードルカッター」といった商品も発売されていますので、とり入れてみるのも良いでしょう。

■「ベジヌードル」の作り方

材料

にんじん、大根、ズッキーニなどが作りやすい野菜です。

作り方

野菜はたてに1cmほどの間隔で深めの切込みを入れ、ピーラーで麺のように細長く削れば完成です。

■「ベジヌードル」のおすすめレシピ3選

野菜さえカットしてしまえば、あとはとても簡単にできるレシピです。

(1)にんじんヌードルの味噌ラーメン

にんじんの甘みが、味噌ベースのスープにとても良く合います。

材料(2人分)

・にんじん 1本
・キャベツ 200g
・にら  100g
・ベーコン 50g
・しょうが 1かけ
・ごま油 大さじ1
・湯 400ml
・味噌 大さじ2
・鶏がらスープの素 小さじ2
・塩、こしょう 適宜

作り方

(1)にんじんは、ヌードル状に切っておきます。
(2)しょうがは、みじん切りにしておきます。
(3)キャベツはざく切りに、にらは5cm幅に、ベーコンは2cm幅に切っておきます。
(4)鍋にごま油を熱して(2)を炒め、香りが立ってきたら(3)を加えてさらに軽く炒めます。
(5)(4)に湯を注いで鶏がらスープの素と塩を加え、煮立ったら(1)を入れ、火が通ったら味噌を溶き入れて完成です。

(2)大根ヌードルのきつね蕎麦

大根に油揚げのコクがしみて、癖になる美味しさです。

材料(1人分)

・大根 150g
・油揚げ 1枚
・きざみねぎ 適宜
・だし汁 250ml
・しょうゆ 小さじ1
・塩 適宜

作り方

(1)大根は、ヌードル状に切っておきます。
(2)油揚げは、湯通しして食べやすい大きさに切っておきます。
(3)鍋にだし汁を入れて火にかけ、しょうゆと塩を加えます。
(4)(3)に(2)を加え、煮立ったら(1)を加えてひと煮立ちさせます。
(5)器に盛り、きざみねぎを振って完成です。

(3)ズッキーニヌードルのトマトスープパスタ

ズッキーニとトマトの相性は抜群です。ダイエット中でも楽しめるパスタです。

材料(1人分)

・ズッキーニ 1本
・トマト 1個
・にんにく 1かけ
・玉ねぎ 1/2個
・ベーコン 1枚
・オリーブオイル 大さじ1/2
・水 350ml
・コンソメキューブ 1/2個
・塩、こしょう 適宜

作り方

(1)ズッキーニは、ヌードル状に切っておきます。
(2)にんにく、玉ねぎはみじん切りに、ベーコンは1cm幅に切ってしておきます。
(3)トマトはへたをとって、ざく切りにしておきます。
(4)フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを入れて炒めて香りが立ってきたら、玉ねぎとベーコン、トマトを入れてさらに炒めます。
(5)(4)に水を注いで煮立て、コンソメキューブと塩、こしょうを加えて味を調えます。
(6)(5)に(1)を加えてひと煮立ちさせれば完成です。

「ベジヌードル」は、野菜不足が気になる現代人にとって、ぜひとり入れていきたい料理法のひとつです。この冬、「太りにくい麺料理」をたくさん楽しんでください。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

【関連記事】
なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

【参考】
食物繊維 – わかさ生活
大根 – わかさ生活
にんじん – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

大人スキンケアへの近道!目指したいのは、潤ってきらめく肌!?

最近、肌つやが足りないと感じていませんか? つやは肌がうるおった状態ではじめて生まれるもの。ですから肌に輝きが感じられないときは、肌が乾燥していたり、くすんでいたりします。 しかも、これから本格的な乾 …

  • アイテム
  • スキンケア
  • ツヤ肌
  • 乾燥肌

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら