つやプラ

つやっときらめく美をプラス

朝3分!簡単ですぐにできちゃう「朝ベジレシピ」3選

生井理恵

ベジ活

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

野菜不足や夏太りを引きずっている人には、秋から「朝ベジ」を始めてみてはいかがでしょうか。

朝食を食べる人と食べない人だと、肥満のリスクが5倍も違うというデータもあるほどです。

足のトラブル対策はバスタイムに!「足指ケア」ストレッチ

ベジ活アドバイザーの筆者が、時間がなくてもできちゃう「朝ベジレシピ」を3つご紹介します。

■おすすめの「朝ベジレシピ」3選

(1)トマトジュース+マッシュルーム+サラダビーンズ

トマトジュース+マッシュルーム+サラダビーンズ

トマトジュースなどに多く含まれる「リコピン」は、朝が1番体内への吸収率が高いことがわかっています。そのままでも飲んでも美味しいですが、これからの季節は身体があたたまるスープにしてもいいですね。

加熱時間が短く、トマトと相性のいい「マッシュルーム」と「サラダビーンズ」を加えればバランスも◎。お好みでオリーブオイルを少量加えてもお美味しいですよ。

抗酸化作用が高いことでも知られる「リコピン」の作用は、「ビタミンE」の100倍以上ともいわれています。美肌作用やシワ予防にも効果が期待されているので、気になる人はトマトジュースを使った朝ベジをお試しください。

材料(1人分)

・塩 適宜
・コショウ 適宜
・イタリアンパセリ 適宜

A

・トマトジュース 100ml
・水 100ml
・マッシュルーム 2個
・サラダビーンズ 1袋
・顆粒コンソメ 小さじ1

作り方

(1)マッシュルームを薄切りにします。耐熱容器にAの材料を入れて、600Wの電子レンジで2分加熱し全体をかき混ぜます。
(2)さらに2分加熱して塩・コショウで味を整え、イタリアンパセリを散らして完成です。

(2)豆乳+コマツナ+味噌

豆乳+コマツナ+味噌

「βーカロテン」「ビタミンC」「葉酸」などの豊富な栄養が含まれているコマツナは、ホウレンソウの約3倍も「カルシウム」が含まれており、秋の優良野菜の1つといってもいいでしょう。

火が通りやすいので時間がない朝でも向いています。コマツナとあわせる豆乳は、女性ホルモンと似た構造をしている「イソフラボン」を含みます。アンチエイジングが気になる人におすすめです。

材料(1人分)

・豆乳 100ml
・水 100ml
・味噌 大さじ1
・コマツナ 1束

作り方

(1)コマツナは水で洗った後、キッチンバサミで2cmほどの大きさに切ります。
(2)耐熱用のコップに全ての材料を入れて、600Wの電子レンジで2分〜2分30秒加熱したら完成です。よく混ぜてから召し上がってください。

(3)ヨーグルト+イチジク+はちみつ

「発酵食品」+「食物繊維」+「オリゴ糖」の組み合わせは、腸内環境が整うと考えられています。腸活したい人は、市販のヨーグルトに旬のフルーツとはちみつを加えてみてはいかがでしょうか。

材料(1人分)

・ヨーグルト 100ml(小さめのもの1パック)
・イチジク 1〜2個
・はちみつ 小さじ1

作り方

イチジクを食べやすい大きさに切ります。器に全ての材料を入れたら完成です。

簡単にできるものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

(ベジ活アドバイザー 生井理恵
「食べてキレイになる料理教室」主宰。食べて美人になるレシピには定評があり、企業へのレシピ提供・商品監修を多数手掛ける他、講演やセミナーも精力的にこなす。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」がある。)

【関連記事】
なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

【参考】
トマトに含まれるリコピンとは? – カゴメ
リコピンで輝く白い肌へ – カゴメ
小松菜 – カロリーSlism
※対馬 ルリ子(監修) 小菅 陽子(監修) 「ザ・美女食材グランプリ Best20―40過ぎたら、これを食べなさい。」 (2013年) 主婦の友社

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

やりがちNGエイジングケア3つとは?美容家に聞く「“前向き”年齢肌対策」のすすめ

エイジングケア※1といえば高価なスキンケアやスペシャルケアが必要というイメージがありますが、実は一番大事なのは基本の保湿ケア。基本のケアをないがしろにしてしまうと、安定しない揺らぎやすい肌になってしま …

  • ツヤ肌
  • ハリ
  • ハリ肌

「敏感肌」に×なNGケアとは?乾燥の季節を乗り切るためのルール3つ

敏感肌やゆらぎ肌には、ちょっと憂鬱な夏を過ぎた肌。この時期に感じる不調には、紫外線の影響をしっかりとうけてしまった、急な気温の変化で身体がついていけない、忙しくて休息が足りないなど、思い当たる方も多い …

  • スキンケア
  • 乾燥肌
  • 敏感肌

「枯肌」の原因はストレスにあった!? アラフォーに使って欲しい話題のアイテムとは

頬のたるみや目元の影ジワ、キメの乱れた肌……このような肌トラブルがかさなり、自分の肌が枯れているように感じていませんか。毎日スキンケアを頑張っているのに肌が枯れたように見えてしまう、そんな人はストレス …

  • エイジング
  • スキンケア

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら