つやプラ

つやっときらめく美をプラス

朝3分!簡単ですぐにできちゃう「朝ベジレシピ」3選

ベジ活アドバイザー
生井理恵

ベジ活

野菜不足や冬太りを引きずっている方、「朝ベジ」を始めてみてはいかがでしょうか。

朝食を食べる人と食べない人だと、肥満のリスクが5倍も違うというデータもあるほどです。

足のトラブル対策はバスタイムに!「足指ケア」ストレッチ

ベジ活アドバイザーの筆者が、時間がなくてもできちゃう「朝ベジレシピ」を3つご紹介します。

■おすすめの「朝ベジレシピ」3選

(1)トマトジュース+マッシュルーム+サラダビーンズ

トマトジュース+マッシュルーム+サラダビーンズ

トマトジュースなどに多く含まれる「リコピン」は、朝が1番体内への吸収率が高いことがわかっています。そのままでも飲んでも美味しいですが、これからの季節は身体があたたまるスープにしてもいいですね。

加熱時間が短く、トマトと相性のいい「マッシュルーム」と「サラダビーンズ」を加えればバランスも◎。お好みでオリーブオイルを少量加えてもお美味しいですよ。

抗酸化作用が高いことでも知られる「リコピン」の作用は、「ビタミンE」の100倍以上ともいわれています。美肌作用やシワ予防にも効果が期待されているので、気になる人はトマトジュースを使った朝ベジをお試しください。

材料(1人分)

・塩 適宜
・コショウ 適宜
・イタリアンパセリ 適宜

A

・トマトジュース 100ml
・水 100ml
・マッシュルーム 2個
・サラダビーンズ 1袋
・顆粒コンソメ 小さじ1

作り方

(1)マッシュルームを薄切りにします。耐熱容器にAの材料を入れて、600Wの電子レンジで2分加熱し全体をかき混ぜます。
(2)さらに2分加熱して塩・コショウで味を整え、イタリアンパセリを散らして完成です。

(2)豆乳+コマツナ+味噌

豆乳+コマツナ+味噌

「βーカロテン」「ビタミンC」「葉酸」などの豊富な栄養が含まれているコマツナは、ホウレンソウの約3倍も「カルシウム」が含まれており、秋の優良野菜の1つといってもいいでしょう。

火が通りやすいので時間がない朝でも向いています。コマツナとあわせる豆乳は、女性ホルモンと似た構造をしている「イソフラボン」を含みます。アンチエイジングが気になる人におすすめです。

材料(1人分)

・豆乳 100ml
・水 100ml
・味噌 大さじ1
・コマツナ 1束

作り方

(1)コマツナは水で洗った後、キッチンバサミで2cmほどの大きさに切ります。
(2)耐熱用のコップに全ての材料を入れて、600Wの電子レンジで2分〜2分30秒加熱したら完成です。よく混ぜてから召し上がってください。

(3)ヨーグルト+イチジク+はちみつ

「発酵食品」+「食物繊維」+「オリゴ糖」の組み合わせは、腸内環境が整うと考えられています。腸活したい人は、市販のヨーグルトに旬のフルーツとはちみつを加えてみてはいかがでしょうか。

材料(1人分)

・ヨーグルト 100ml(小さめのもの1パック)
・イチジク 1〜2個
・はちみつ 小さじ1

作り方

イチジクを食べやすい大きさに切ります。器に全ての材料を入れたら完成です。

簡単にできるものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

(ベジ活アドバイザー 生井理恵
「食べてキレイになる料理教室」主宰。食べて美人になるレシピには定評があり、企業へのレシピ提供・商品監修を多数手掛ける他、講演やセミナーも精力的にこなす。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」がある。)

【関連記事】
なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

【参考】
トマトに含まれるリコピンとは? – カゴメ
リコピンで輝く白い肌へ – カゴメ
小松菜 – カロリーSlism
※対馬 ルリ子(監修) 小菅 陽子(監修) 「ザ・美女食材グランプリ Best20―40過ぎたら、これを食べなさい。」 (2013年) 主婦の友社

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

しわ改善と美白どちらも叶えたい!40代からの「つや玉」が輝く肌ケア

年を重ねると、顔に刻まれたしわさえも魅力の一つといわれます。とはいえ、思いきり笑った時、くっと持ち上がった頬に「つや玉」輝く美しい肌に、しわの存在はやはり気になるものです。 年齢肌の代名詞「しわ」の悩 …

  • ツヤ肌
  • ハリ

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら