つやプラ

つやっときらめく美をプラス

うるつや肌に!「美容オイル」の効果的な使い方

ヘアメイク
mayu3

大野

ブースターのように化粧水前に使用したり、クリーム代わりにスキンケアの最後に使ったり、ファンデに混ぜたりとさまざまな使い方ができる「オイル」は、この時期にとても便利です。

美容オイル

美容家やコスメコンシェルジュのプロとして、年齢に合わせた美を提案する筆者が、乾燥が気になる季節におすすめのスキンケア「化粧水前オイル」についてご紹介します。

■冬の肌に「オイル」が良い理由

冬は、肌がカサカサやゴワゴワになりやすい時期です。原因は、乾燥によってバリア機能が低下し、皮脂量が少なくなるからです。

この時期のスキンケアは、水分をとり入れつつ、肌をしっかり保湿してくれるオイルが効果的です。

■「オイル」の効果的な使い方

オイルの効果的な使い方はさまざまですが、スキンケアでとり入れる場合、オイルによってスキンケアの前に使うか後に使うかが変わります。まずは、お手持ちのオイルが、どのタイミングで使えるものかを把握して使いましょう。

化粧水前の使用で、うるつや肌になれるオイルの効果的な使い方は、”洗顔後にオイル1~2滴を顔と首にまんべんなくつける”だけです。あとは、いつものスキンケアでOKです。

化粧水前にオイルを使うだけで、硬くなったゴワゴワ肌が柔らかくなり、スキンケアの浸透率がアップします。

肌によっては乳液やクリームを使う必要がなくなりますので、自分の肌の調子を見て、いつものスキンケアのアイテムも見直しましょう。

■オイル美容のNG

オイルは保湿をしっかりしてくれるうえ、肌のサビを抑える抗酸化作用のあるものや、美容成分が入っているものも増えています。

ただし、肌にいいからといって、塗りすぎは厳禁です。”スキンケアでも使い、メイクでも使う”ことはおすすめしません。

毛穴が詰まって吹き出物の原因になったり、メイクのヨレにもつながるので気をつけましょう。

つやプラ世代は、季節に合わせてスキンケアを変えることが必要です。1つアイテムを増やすだけで、肌の調子が良くなりますので、ぜひ参考にしてください。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら