つやプラ

つやっときらめく美をプラス

100均で買える!「コスメのお掃除グッズ」3選


遠藤幸子

endosan

あっという間に年末になり、慌てて大掃除をしているという人も多いのではないでしょうか。しかし、この時期の大掃除は、家の中だけではありません。

メイクグッズの大掃除も行って、気持ちよく新年を迎えましょう。

メイクグッズの大掃除に!おすすめの「100均グッズ」3選

アンチエイジングアドバイザーの筆者が、1年間使ったメイクグッズのお手入れ方法と、おすすめの100均グッズを3つご紹介します。

■お手入れしていないメイクグッズを使うと?

お手入れしていなくても、メイクグッズを使うことはできます。しかし、清潔ではない状態で使いつづけると、肌荒れを引き起こしたり、コスメの発色が落ちるリスクが高くなります。

また、メイクグッズを定期的にお手入れすることは、メイクグッズを長持ちさせることにもつながります。そのため、定期的にお手入れすることは大切です。

とはいうものの、気がつけばお手入れせずに数ヶ月経過してしまうこともありますよね。なので、年末の大掃除を習慣にすることがおすすめです。

■簡単にできるメイクグッズのお手入れ法

ブラシやパフなどは、中性洗剤でも落とすことができます。しかし、専用の洗剤やグッズを使うと、簡単に汚れを落とすことができます。

そのため、あらかじめお手入れグッズを用意しておきましょう。お手入れグッズは、100均でそろえることができます。

筆者おすすめのお手入れグッズを3つご紹介します。

■100均で買えるお手入れグッズ

(1)メイクブラシ専用クリーナー/ザ・ダイソー

メイクブラシ専用クリーナー/ザ・ダイソー

ブラシやパフを洗うための専用クリーナーです。

多めに直接つけてパフは指先でよくもみ洗いし、ブラシは円を描くように洗って汚れを落とします。そして、流水で十分に洗い流します。

その後、タオルなどで軽く水気をとった後、形や毛流れを整えて自然乾燥させます。洗い上がりはぬめりなどもなく、スッキリしますが、ブラシやパフが劣化する心配はありません
(150ml 税抜価格100円)

(2)メイクブラシクリーナー/ザ・ダイソー

メイクブラシクリーナー/ザ・ダイソー

ブラシを洗う時にこちらのアイテムに洗剤を入れて、その中でブラシを洗うことができるので便利です。また、ブラシを洗ってから立てることができます。すると、ブラシの全方向が空気に触れ、それだけ早く自然乾燥させることができます。

底の小さな突起が回転する仕組みになっていて、ブラシをくるくると回すだけで汚れを落としやすくさせてくれます
(税抜価格100円)

(3)パフ・スポンジ専用洗剤/ザ・ダイソー

パフ・スポンジ専用洗剤/ザ・ダイソー

パフやスポンジを洗うための専用洗剤です。直接パフやスポンジにつけて、指先でよくもみ洗いしてから流水で洗い流します。1度で汚れが落ちない場合は、もう1度もみ洗いするときれいに落とすことができます。すすぎは十分に行いましょう。

こちらの洗剤は、無香料・無着色で除菌もすることができます。また、洗顔料素材を主体としているので、手荒れしにくいのも嬉しいですね。
(80ml 税抜価格100円)

年末は何かと物入りですが、100均ならお財布にやさしく、しかもリピートしやすいというメリットがあります。ぜひ、この機会にお試しください。

(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子
エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルに出演。ウェブ、雑誌等でコラムを執筆するほか、コスメブランドの広告も手掛ける。できるだけナチュラルな方法でできるアンチエイジング法を日々模索。豊富な自己体験を元に情報を発信中。)

【関連記事】
石鹸で落とせる!秋冬におすすめの「アイシャドウ」3選
すっぴん美肌を偽装!?プロが教える、ファンデの使い分け術
美容家もヘビロテ!マルチに使える「プチプラコスメ」2選
メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番

【参考】
ダイソー

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

見た目年齢−7歳!?雪のような美肌に導く「Cゾーン」ケアって?

美意識が高い人ほど、自分の肌に次々と現れるエイジングサインが気になり、それに対するケアに終始しがちです。けれど実際に見た目年齢を左右するのは、ひとつひとつの「ポイント」ではなく、「ゾーン」なのです。 …

  • 40代
  • 紫外線

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら