つやプラ

つやっときらめく美をプラス

「正月太り」を3日で解消!?空腹感ゼロで体重を戻す食事法

ユウコ

-

気をつけていたつもりでも三が日が過ぎたあたりからスカートがきつく感じはじめ、体重をはかってみたら思っていたより増えてしまっていたという方もいらっしゃると思います。

その「正月太り」は、すぐに対策するほど解決しやすいことをご存知でしょうか。

「正月太り」を3日で解消!?空腹感ゼロで体重を戻す食事法

ローフード・マイスターの筆者が、3日でもとの体重に近づける方法をご提案します。

■「正月太り」は一時的なもの!?

短期間で増えた体重や体脂肪の原因は、消化不良によるものの場合が多いです。

肉や魚中心のごちそうは、消化時間が長くかかることで、その消化機能が落ちやすくなります。すると、どうしても未消化物が身体に残ってしまい、これが体脂肪にかわるというわけです。

ですが、消化機能を促進する食べ方をすると未消化物である毒素を排出しやすくなるので、自然と余計な体脂肪も落ちていくことになります。

■「体内酵素」の無駄遣いをストップ

消化時間が長くかかるものを多くとって太ってしまうのは、身体の中にある「体内酵素」が影響しています。この体内酵素は、食べ物の消化を行うとともに、新陳代謝や老廃物の排出といった役目を持つものです。

ですので、消化に時間をかけて体内酵素をたくさん使ってしまうと、代謝やデトックスにまで体内酵素の力が回らなくなり、食べたものが消化し切れずに身体に残ることで、体脂肪が増えてしまうのです。

つまり、代謝とデトックスをスムーズにするためには、この体内酵素の無駄遣いをやめることが効果的なのです。

■生の野菜と果物で、活きた「酵素」をとりましょう

そこでおすすめなのが、3日間は生の野菜と果物をメインにした食事をすることです。

加熱をしない野菜や果物からは、「食物酵素」がふんだんにとれます。食べ物から「酵素」をとれば、その分酵素のストックが増え、体内酵素の無駄遣いが防げます。

さらに、生の野菜と果物は速やかに消化されますので、この点でも体内酵素を浪費せずにすみます。

■お腹いっぱい食べてもOK

1日の食事の8割以上を、生の野菜と果物にするようにしましょう。この食事法は、生の野菜と果物であればお腹いっぱい食べても良いので、空腹感に悩む心配がないのがポイントです。

また、冷えを防ぐために、食事の際は温かい味噌汁やスープを加えるといいでしょう。

3日間だけは消化に時間のかかる肉や魚、卵などの「動物性のたんぱく質」はさけ、納豆や味噌といった発酵食品でたんぱく質をとることがおすすめです。炭水化物はとり過ぎないように注意しましょう。

甘いものが欲しい時は、生の果物か、ドライフルーツを選んでください。

■おすすめの空腹感ゼロレシピ3選

基本的にはサラダとフルーツをメインにすれば良いのですが、おすすめのローフードレシピをご紹介します。

(1)サラダ海苔巻き

千切りの野菜を海苔で手巻きに。「食物繊維」「ビタミン」「ミネラル」も豊富な一品です。

材料(2人分)

・大根 3cm
・にんじん 1本
・貝割れ大根 1パック
・焼き海苔 お好きなだけ
・ポン酢 大さじ1
・だし汁 大さじ1
・オリーブオイル 小さじ1
・わさび 適宜
・塩 適宜

作り方

(1)大根とにんじんは千切りにし、貝割れ大根は根を切っておきます。
(2)ポン酢、だし汁、オリーブオイル、わさび、塩をよく混ぜ合わせておきます。
(3)(1)を(2)のドレッシングで和えます。
(4)(3)を手巻き寿司の要領で巻きながら食べます。

(2)納豆とアボカドのおろし和え

ボリュームたっぷりで、満足感がしっかり得られます。

材料(2人分)

・納豆 1パック
・アボカド 1個
・大根おろし 適宜
・しょうゆ 小さじ1
・ごま油 小さじ1/2
・わさび 少々

作り方

(1)納豆はよくかき混ぜ、アボカドは食べやすい大きさに切っておきます。
(2)しょうゆ、ごま油、わさびはよく混ぜ合わせておきます。
(3)(1)に大根おろしを乗せ、(2)をかければ完成です。

(3)冬の冷えとりサラダ

身体を温めるしょうがとねぎをたっぷり使ったサラダです。

材料(2人分)

・レタス 1/2玉
・パプリカ 1個
・ねぎ 3cm
・しょうが 1かけ
・ごま油 大さじ2
・酢 大さじ1
・塩 適宜

作り方

(1)レタスは洗ってひと口大にちぎり、パプリカは千切りにしておきます。
(2)ねぎとしょうがはみじん切りにしておきます。
(3)(2)とごま油、酢、塩を混ぜ合わせておきます。
(4)(1)を(3)のドレッシングで和えれば完成です。

生の野菜と果物をしっかりとると植物の活きた力を存分にいただけて、活力も湧いてきます。ちなみに、この食事法を覚えておくと、急な体重増加も怖くありません。ぜひ、お試しください。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

【関連記事】
腸活に役立つ「チョコレート」の選び方&食べ方って?
納豆にちょい足しで効果倍増!?「納豆に加えたい食材」3選
“冬便秘”対策に◎身体を芯から温める「腸活鍋」3つ
冬太りストップ!野菜の「効果的な食べ方」3つ

【参考】
酵素 – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら