つやプラ

つやっときらめく美をプラス

五感を満たすとキレイになる!40代からの美をつくる生活習慣


つやプラ編集部

300x300

いくつになっても変わらぬ美しさをキープしている美容のプロに、その秘訣を伺うインタビュー。

美容家・深澤亜希さん

美容家・深澤亜希さんに、内面から美しくなるために心がけていることを教えていただきました。

常に物事の良い面を見る習慣をつけて、ハッピー体質に!

ーーいつも前向きでハッピーなオーラに包まれている深澤さん。落ち込んだりネガティブになったりすることはありますか?

落ち込むことも、もちろんありますよ。生きていると良いことも悪いことも起こりますから。

ーーそんな時、どうやって気持ちを立て直していますか?

1つの物事は必ず良い面と悪い面がセットになっているので、常に良い面を探すようにしています。例えば、若い頃に失恋した時は、「彼よりもっとステキな男性と出会うチャンスができた、ありがとう!」とか(笑)。

そう考えれば、ツライ出来事も前向きに乗り切れますよね。

美容家・深澤亜希さん

ーーすごく前向きですね! 物事の中にあるポジティブな要素を探すんですね。

そうです。すぐに見つからない時もありますが、そういう時は「この出来事にはどういう意味があるんだろう?」と考えます。考えていると、その物事が自分に起こった理由や、乗り越え方が見つかるんです。

自分一人で考えていて、同じ考えがグルグル巡ってしまうような時は、本を読んでヒントを探したり。

ーー他にも気をつけていることはありますか?

ネットやテレビをだらだら見ないようにしていますね。見ているうちにネガティブな情報がどんどん入って入ってくることがあるので…

ネットは知りたいことがある時に、それを調べるだけ。受け身ではなく、能動的に使うようにしています。今の時代、意識的に知ろうとしなくても、ネガティブな情報が嫌でも耳に入ってきますよね。

ネガティブな情報に触れていると気持ちが暗くなって、美容面でもマイナスですし、あえて自分から知ろうとしなくてもいいと思うんです。

「好き」と「心地よい」で毎日を満たせば、キレイに近づける!

ーーいつもハッピーで心地いい毎日を送るために、深澤さんが実践されていることを教えてください。

五感を心地よく満たして喜ばせることですね。具体的には、キャンドルやディフューザー、お香など様々な香りのアイテムを、時間やシーンに合わせて使い分けて、どの部屋も常にいい香りで満たしています。

音楽も朝はクラシック、日中は気分が上がるノリの良い曲というように、耳が喜ぶ音を選んでいます。あと、常に部屋にはお花を! 生花から美しく明るく前向きなパワーをもらえる気がするので。

つまり、五感を満たすために、見るもの、聞くもの、触れるもの、食べるもの、香り。すべて自分の好きなもの、心地いいと感じるもので生活を満たしています

コスメも同じで、どれだけ「効果があるよ」と勧められたものでも、香りや感触が好みでないものや、心地よく使えないものは使いません。どれだけいいコスメでも、毎日「この香り好きじゃないな〜」と思いながら使っていたら、キレイにつながらないですよね。

五感が満たされていると、ハッピーな気分が続き、体調や肌の調子も良くなって、どんどん美に近づいていけるんです。

年齢を重ねた美しさは「自分らしさ」の中こそに宿ります

ーー最後に、深澤さんと同年代の女性である「つやプラ」の読者へ、エイジングを前向きに楽しめるようなメッセージをいただけますか。

若い頃は目指す「キレイ」がみんな似ていたけれど、40代になると自分に合うものや自分らしさというものがわかってきますよね。だから、より、その人らしさが出ているのが、年齢を重ねた女性ならではの美しさだと思うんです。

美容家・深澤亜希さん

40代の女性には、どんどん自分の「好き」を追求して、自分らしさを発見して欲しいですね。人の目ばかりを気にした好感度優先の美しさは、「人が好きな自分」になってしまい、自分が薄まってしまいます。

なにより、「自分が好きな自分」になることが、幸せに美しく年齢を重ねていくために大切なことだと思います。

あと、40代女性には、もっと美容を楽しんでもらいたい! 気持ちのいいお手入れは、無理なく楽しんで続けられますし、続けていれば、肌や身体は必ず応えてくれます。

自分に合った方法でお手入れを続けて、若い頃よりキレイな自分にぜひ出会ってくださいね。

【深澤亜希さん プロフィール】

深澤亜希さん

美容家・ビューティースキンスペシャリスト

1977年生まれ。幼少期をタイで過ごし、高校はアメリカへ留学。現在は、書籍の執筆や女性誌、WEB、テレビなどへの出演のほか、化粧品会社や商品開発のアドバイザーなど幅広く活躍。著書に『人より輝く魔法』(宝島社)などがある。「女性は自分に合った正しい美容法を行えば誰でも必ずキレイになれる」をモットーに発信するビューティーメソッドやメッセージは、キレイになれる上、気持ちも前向きになると女性からの支持を集めている。

【関連記事】
シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

見た目年齢−7歳!?雪のような美肌に導く「Cゾーン」ケアって?

美意識が高い人ほど、自分の肌に次々と現れるエイジングサインが気になり、それに対するケアに終始しがちです。けれど実際に見た目年齢を左右するのは、ひとつひとつの「ポイント」ではなく、「ゾーン」なのです。 …

  • 40代
  • 紫外線

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら