つやプラ

つやっときらめく美をプラス

正面向きはデブ見え? 写真映えする「立ち方」のコツ3つ


mayu3

大野

「うつりが良く見える立ち方が分からない」という方は、多いのではないでしょうか。

美容家やコスメコンシェルジュのプロとして、年齢に合わせた美を提案する筆者が、足元がきれいに見える「立ち方」のポイント3つをご紹介します。

正面向きはデブ見え? 写真映えする「立ち方」のコツ3つ

■大人が気をつけたい「老け見えNG写真」

老け見えにつながる写真うつりのNGポイントは、「身体が見える範囲が多い」ことにあります。

特に、正面を向いて棒立ちで立つと、身体の全ての範囲が見えて、写真で見た時に体型や顔の太さが丸わかりになってしまいます。

また、姿勢の悪さもNGです。スタイルが悪く見えたり、実年齢よりも老けて見られてしまいます。特に、猫背でうつると、胸がへこんでお腹が出ているように見えるので気をつけましょう。

■写真うつりを良くする「立ち方」3つ

写真うつりが良くなる立ち方のコツを3つご紹介します。

(1)足元

足元を細く長く見せるには、写真に対して、足が見える面を小さくすることが大切です。

正面立ちではなく、少し全身を斜めにして上半身だけ正面を向くようにすると、全身のラインがきれいに見えます。また、足をクロスにしたり片足を少し前に出すだけで、足が細く長く見えます。

応用編として、片足だけ少し上にあげると、モデルのように写真映えするのでおすすめです。

(2)お尻

お尻が大きく見えると、全体的に太っているように見えやすくなります。

写真にうつる時は、お尻の穴をキュッと閉じましょう。ヒップアップにも効果的で、お尻が小さく見えますよ。

(3)姿勢

姿勢を変えるだけで、スタイルが良く見えたり若々しく見えたりします。

おすすめは、肩甲骨をよせるイメージで胸を張ることです。この時、お腹が前に出やすいので、引っ込めることが大切です。

呼吸を胸式呼吸に変えると、お腹を引っ込めやすいのでおすすめです。

いかがでしたか? 立って写真を撮る時のポイントをご紹介しました。立ち方次第で見え方が変わりますので、写真を撮る時に参考にしてください。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
プロが伝授!脚長に見える、スタイルアップコーデの法則3つ
服のメンテナンスで差がつく!おしゃれな人の必需品3つ
デキる女性は荷物が少ない!?バッグを小さくする方法3つ
秋冬の印象はコートで決まる!プロが教えるコートの選び方

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

見た目年齢−7歳!?雪のような美肌に導く「Cゾーン」ケアって?

美意識が高い人ほど、自分の肌に次々と現れるエイジングサインが気になり、それに対するケアに終始しがちです。けれど実際に見た目年齢を左右するのは、ひとつひとつの「ポイント」ではなく、「ゾーン」なのです。 …

  • 40代
  • 紫外線

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら