つやプラ

つやっときらめく美をプラス

そのクマ、たるみが原因かも!?「目の下のたるみ」を招くNG習慣4つ


遠藤幸子

endosan

目の下にできるクマ。このクマの主な原因は、色素沈着や血行不良と思われがちです。しかし、目尻の下を斜め上に引っ張ったり、目の下の膨らみを押すと消えるクマは、たるみが原因である可能性が高いのです。

アンチエイジングアドバイザーの筆者が、目の下のたるみを招く生活習慣をご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■目の下のたるみをまねくNG生活習慣4つ

(1)ついついゴシゴシ!目の周りをこする

目の周りを擦る行為は、たるみを招くだけでなく、色素沈着によってできる茶グマも引き起こしてしまうNG行為。アイメイクを落とす際には、洗浄力が高く、肌に必要な潤いを奪いすぎないクレンジング剤で擦らずにスルンと落とすのがベスト。筆者は、オリーブオイルや馬 油などスキンケアにも使えるものでアイメイクを落とすようにしています。優しく馴染ませ、数秒おき、コットンで撫でるように拭うと綺麗にアイメイクが落ちるのでおすすめですよ。

(2)「ちょっとだけだから…」日焼け止めナシで外出

短時間の外出や外に洗濯物を干す時など、ついUVケアを怠っていません か? 実はこの行為も目の下のたるみをまねくNG行為。紫外線にさらされると、目元の皮膚の弾力が失われる恐れがあるのです。ちょっとした外出でもUVケ アを欠かさず、長時間屋外で過ごす日や紫外線量の多い季節などは、サングラスと併用するのがおすすめ。サングラスは、眉間のシワ予防にもなりますよ。

(3)寝る直前まで延々使ってない?「ぶっ続け」でスマホ使用

目の酷使や、視線を長時間集中させるのもNG行為。デスクワークが多い方なら、スマホの使用時間と合わせると1日あたり7時間以上は液晶画面と向き合っている、という人は少なくないはず。目の下のたるみは、目の下の筋力や肌の弾力の低下から、目の下の脂肪を支えられなくなることが主な原因と言われています。目の酷使は目の下の筋力を低下させ、血行不良を招いてしまいます。

どうしたらいい?改善方法

スマホやPCなどを利用する際は、10分~20分に一度ブレイクを入れましょう。遠くを見る、瞬きをする、肩を回す、目の周りのツボを刺激するなど心掛けることが大切です。

(4)だって忙しいんだもん!長時間のデスクワーク

下を向いて行う長時間のデスクワークも、重力の関係で目の下のたるみを招くNG行為と言えます。デスクワークの際には姿勢に注意し、書類をチェックする際などは手に持って目線を上にキープするなど、心掛けましょう。

目の下のたるみを予防するためには、角質除去をし代謝を促すピーリングなども有効です。日常生活を見直すことで、目の下のたるみを防ぎ、若々しい肌をキープされてはいかがでしょうか。

(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子
エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルに出演。ウェブ、雑誌等でコラムを執筆するほか、コスメブランドの広告も手掛ける。できるだけナチュラルな方法でできるアンチエイジング法を日々模索。豊富な自己体験を元に情報を発信中。)

【関連記事】
カバー力抜群!透明感キープに◎な「シミ隠しテクニック」
老け見えシワの元!「目元の乾燥」が加速するNG習慣4つ
「首のシワ」を予防!今すぐ始めたい「首シワ対策」3つ
たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

【参考】
※小林ひろ美著(2011)『お肌の悩みオール解決!小林ひろ美のすべてがつまった美肌図鑑』(ワニブックス)
※吉木伸子著(2012)『一生ものの美肌をつくる正しいエイジングケア事典』(高橋書店)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

見た目年齢−7歳!?雪のような美肌に導く「Cゾーン」ケアって?

美意識が高い人ほど、自分の肌に次々と現れるエイジングサインが気になり、それに対するケアに終始しがちです。けれど実際に見た目年齢を左右するのは、ひとつひとつの「ポイント」ではなく、「ゾーン」なのです。 …

  • 40代
  • 紫外線

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら