つやプラ

つやっときらめく美をプラス

アイメイクの引き算がコツ!美人見えする「メガネメイク」

美容ライター
鈴木ミカ

花粉の多いこの時期は、普段コンタクトを使っていてもメガネに切り替える方も多いのではないでしょうか。しかし、「メガネってなんだか野暮ったく見える」などと思う方もいるかもしれません。

アイメイクの引き算がコツ!美人見えする「メガネメイク」

そんな時は、自分に合ったおしゃれなメガネとメイクで一気に垢抜けましょう。美容ライターの筆者が、メガネメイクのコツを5つご紹介します。

■美人見えする「メガネメイクのコツ」5つ

(1)フレームの色に合わせてアイラインを変える

メガネのフレームの効果で、目ははっきりと印象的に映りやすくなります。ですから、アイラインはいつもよりも控えめでOKです。

フレームの色が濃いなら、アイラインはいれずにナチュラルな目元を目指しましょう。クリアな色のフレームの場合でも、目のキワに細くいれるくらいで十分です。

(2)透明マスカラを活用する

フレームが目の周りを強調してくれるので、マスカラは透明マスカラを活用するとちょうど良く仕上がります。

透明マスカラ+ビューラーで、ナチュラルぱっちりアイをつくりましょう。まつげが長くレンズにマスカラがついてしまう人は、下まつげだけでもOKです。

(3)眉メイクは輪郭をぼかしてナチュラルに

メガネの上フレームが目元を強調してくれる分、眉の輪郭をはっきり描くとメイクが濃く見えてしまいます。

眉の芯ははっきりと描き、輪郭をややぼかし気味にして、やわらかい印象の眉を目指すとバランスがとれます。

(4)つや肌にすることで、みずみずしさをプラス

メガネが知的な大人の空気を演出してくれるため、つや肌にすることでみずみずしさを出すと釣り合いがとれます。

うるっとしたつや肌に仕上がるファンデーションを選びましょう。

(5)頰にはクリームチークをチョイス

マットな質感のパウダーより、クリームチークで血色感を出すことで健康的な雰囲気がプラスされます。

大人っぽくなりがちなメガネでも、血色感を加えることで大人可愛いメイクを楽しむことができます。

美人見えするメガネメイクのコツをご紹介しました。メガネもファッションアイテムの1つです。おしゃれなメガネもたくさん増えているので、自分に合ったメガネを見つけてメイクも楽しんでみてくださいね。

(美容ライター 鈴木ミカ
「美容は楽しむもの」という言葉に心を動かされ、いっそう美容の道を極めたいと思うようになる。好きが高じて美容ライターに。webを中心に美容情報を発信する。)

【関連記事】

メイクの見直しで若返る!40代がやめるべきアイライン2つ

すっぴん美肌を偽装!?プロが教える、ファンデの使い分け術

美容家もヘビロテ!マルチに使える「プチプラコスメ」2選

メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら