つやプラ

つやっときらめく美をプラス

腸内環境が悪化する!?「美容家が控える」食べ物5つ

美養フードクリエイター
岩田 まなみ

納豆、ヨーグルト、良質オイルなど、腸内環境美化をサポートするといわれる食べものはいろいろありますが、食べることばかりでなく、「腸内環境を悪化させる食べもの」を食べないことも大切です。

腸内環境が悪化する!?「美容家が控える」食べ物5つ

健康と美容に役立つ食スタイルを提案して16年の美養フードクリエイターである筆者が、腸内環境のために「食べないようにしている食べもの」を5つご紹介します。

■腸内環境のために「美容家が控えている食べもの」5つ

(1)白砂糖

美容家が「腸内環境のために控えている」食べものとは? (1)白砂糖

白砂糖は、糖質の塊です。甘いものは悪玉菌の大好物であるため、可能な限り白砂糖は控えています。

このほか、果糖ブドウ糖液糖、人工甘味料もできる限り控えています。

白砂糖の代わりに、自宅では、メープルシュガー、メープルシロップ、アガベシロップ、ココナッツシュガーを使っています。

(2)買った揚げ物

美容家が「腸内環境のために控えている」食べものとは? (2)買った揚げ物

どんなに良質な油を使っていたとしても、作ってから時間が経った揚げ物は、油が酸化しています。酸化した油をとることは、腸内環境だけでなく、血液の健康にも悪影響を与えます。

(3)脂身の多い肉

美容家が「腸内環境のために控えている」食べものとは? (3)脂身の多い肉

動物性脂肪も、悪玉菌の大好物です。肉は、良質なタンパク源ではありますが、脂身の多い肉は食べないようにしています。

(4)パン

美容家が「腸内環境のために控えている」食べものとは? (4)パン

パン屋さんのパンなど、カウンターにそのまま並べられて販売されているパンには、原材料の表示義務がありません。そのため、どのようなものが、どれだけ使われているのかを確認することができません。

パンを食べる時は、信頼できるパン屋さんで買うようにしています。

(5)お総菜

美容家が「腸内環境のために控えている」食べものとは? (5)お総菜

お総菜もパンと同じく、量り売りなどでは原材料の表示義務がなく、産地や原材料が全く見えません。

信頼のおけるお店で購入するか、作り置きなどを駆使して、お総菜を買わない食生活に努めています。

最初は、腸内フローラに悪影響を与えるもの全てを食生活から締め出すことが、大変に思えるかも知れません。けれど、食生活は習慣でもありますから、控えることが一度習慣になれば、ストレスを感じることもありません。一つずつでも控える習慣をつけて、腸内フローラをサポートしたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ベジフル発酵ジュースとレシピ」(2018年・日東書院本社)、「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

【関連記事】
“夜の腸活”がカギ!今始めたい「夜の美腸習慣」3つ
「朝納豆」で腸活!ダイエットにも◎な朝納豆の食べ方
腸活に役立つ「チョコレート」の選び方&食べ方って?
腸活のために毎日食べたい!簡単「作りおきレシピ」3つ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら