つやプラ

つやっときらめく美をプラス

内側からUVケアできる!携帯おやつに◎な「食べもの」4つ

美養フードクリエイター
岩田 まなみ

5月は気候もよく、野外で過ごしやすい季節ですが、注意したいのが紫外線です。あまり暑さを感じないため、ついつい長く紫外線に当たってしまいがちです。

外出先でも食べて紫外線対策!「UVケアになるおやつ」4つ

外側からのUVケアも大切ですが、食べものも大切! 携帯できておやつ感覚で食べることできる、内側からUVケアできる食べものを4つご紹介します。

■おやつ感覚で食べて!内側からUVケアできる食べもの4つ

(1)ドライブルーベリー

おやつ感覚で食べて!内側からUVケアできる食べもの4つ (1)ドライブルーベリー

ブルーベリーなどのベリー類には、ポリフェノール「エラグ酸」が含まれています。

エラグ酸には、強い抗酸化力があるだけでなく、シミの元となるメラニンを生成する酵素の働きを抑える働きがあります。そのため、シミになりにくい環境作りをサポートします。

ドライブルーベリーを選ぶときには、砂糖不使用で、オイルコーティングしていないものを選びましょう。

(2)カカオニブ

おやつ感覚で食べて!内側からUVケアできる食べもの4つ (2)カカオニブ

紫外線に長時間あたると、お肌が赤くなる、いわゆる「日焼けした」状態になりますよね。カカオポリフェノールには、このお肌が赤くなる現象を抑える働きのあることがわかっています。

チョコレートの原料であるカカオ豆を砕いたカカオニブは、カカオポリフェノールの宝庫です。

そのまま食べることもできますし、苦味が気になる方は、ドライフルーツやナッツと一緒に食べたり、高カカオチョコレートで代用したりするのもいいですね。

(3)クコの実

おやつ感覚で食べて!内側からUVケアできる食べもの4つ (3)クコの実

楊貴妃が好んで食べたといわれるクコの実。東洋医学では、不老長寿の食べものとされています。最近では、ゴジベリーともいわれ、スーパーフードのひとつとしても知られるようになりました。

クコの実には、紫外線にあたった後にお肌が赤くなる現象や、黒く日焼けしてしまうのを抑える働きのあることがわかっています。

小さな赤い実は、そのままでも充分美味しく食べることができますから、お食事やおやつにクコの実をとりいれてみましょう。

(4)種入り干しブドウ

おやつ感覚で食べて!内側からUVケアできる食べもの4つ (4)種入り干しブドウ

ブドウは、アンチエイジングでもお馴染みです。ブドウの種に含まれるポリフェノールは、抗酸化力が高く、さまざまないい働きが期待されています。

その一つがシミの改善です。シミができるのを抑えるだけでなく、すでにできてしまったシミにも効果があるそうです。

一般的な小粒の干しブドウには種が含まれていませんが、巨峰などの大粒のブドウで作られた干しブドウには種が含まれています。カリカリとした食感で、種入り干しブドウならではの美味しさがあります。

ドライブルーベリーとおなじく、砂糖不使用で、オイルコーティングしていないものを選びましょう。

ポリフェノールは、体内に蓄積できる量が限られているため、こまめに摂ることがポイントです。ポリフェノールリッチなおやつを携帯して、紫外線に負けないお肌を作りたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ベジフル発酵ジュースとレシピ」(2018年・日東書院本社)、「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

【関連記事】
“夜の腸活”がカギ!今始めたい「夜の美腸習慣」3つ
「朝納豆」で腸活!ダイエットにも◎な朝納豆の食べ方
腸活に役立つ「チョコレート」の選び方&食べ方って?
腸活のために毎日食べたい!簡単「作りおきレシピ」3つ

【参考】
成分情報 エラグ酸 – わかさ生活
チョコレートでおいしく健康に アンチエイジングに効果的!? – 明治
からだの中から紫外線ダメージを防ぐ!クコ(枸杞)の実エキス – 資生堂
ポリフェノール ブドウ種子エキス(プロアントシアジニン) – キッコーマン

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら