つやプラ

つやっときらめく美をプラス

秋冬もパウダリーを使いたい!乾燥に負けないツヤ肌の作り方

コスメコンシェルジュ
稲毛登志子

寒くなり乾燥が気になっても、「手軽なパウダリーファンデーションが手放せない」という人は多いのではないでしょうか。

パウダリーファンデーションはカサつくイメージがあるかもしれませんが、塗り方や下地によって、するんとなめらかなツヤ肌を叶えられます。

パウダーファンデ

コスメコンシェルジュの筆者が、乾燥に負けないパウダリーファンデーションの塗り方をご紹介します。

■保湿は丁寧に

パウダリーファンデーションをツヤっぽく仕上げたい時には、保湿の力を借りましょう。普段使っているスキンケアアイテムでも、丁寧に重ねづけをすれば保湿力がぐんと上がります。

化粧水と乳液をつける際は、その都度ハンドプレスをして肌に浸透させます。手のひらのぬくもりで圧をかければ成分が届きやすくなり、血行も良くなります。

スキンケアの最後にオイルをとり入れると、よりツヤ肌に近づけます。

■下地の選び方

ツヤ肌を作るための下地選びで大切なポイントが2つあります。

以下の条件を満たしている下地が最適です。

(1)保湿成分が配合してあるもの

(2)パールやラメなどの光コントロール効果があるもの

下地に保湿成分がしっかりと配合されていれば、肌にフィットしやすく自然なツヤが生まれます。さらに、乾燥が原因の化粧崩れの予防にもつながります。

パールやラメも配合してあれば、レフ板のような効果が狙えるので、トーンアップも同時に叶えます。

■パウダリーファンデーションの選び方

ツヤ肌を叶えるパウダリーファンデーションの条件は以下の3つになります。

(1)美容液成分が配合してある

(2)粉の粒子が細かい

(3)パールなどが配合してある

ここ数年、パウダリーファンデーションの進化には目を見張るものがあります。新しいアイテムにチャレンジして、どんどんアップデートしていきましょう。

■ツヤ肌に仕上げるコツ

ツヤ肌に仕上げるには、ファンデーションは薄付きに仕上げることが大切です。そのため、下地をまんべんなく塗って肌を整えます。

ファンデーションを塗る時にはスポンジでなく、ファンデーションブラシを使うとツヤが出やすくなります。その際、ブラシをくるくると動かして肌を磨くように塗れば、さらにツヤ感がアップします。

ファンデーションを塗り終えたら、手でしっかりとハンドプレスをして肌に密着させれば、ツヤ肌の完成です。

いかがでしたか? 空気が乾燥する季節は、肌がツヤっとしていると満ち足りて幸せそうな顔に見えます。手軽なパウダリーファンデーションに少しの手間をプラスして、ツヤ肌を手に入れましょう。

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛登志子
日本化粧品検定1級を取得後、複数のwebメディアで記事を執筆。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信中。)

【関連記事】
山本浩未さん流の大人メイクの基本は白・黒・赤を作ること
まぶたのくぼみがふっくら!影を消して若返るアイメイク
NGメイクで顔デカ?ハイライトでツヤ肌&小顔になる方法
目元パンダを防ぐ!一重・奥二重向け崩れにくいアイメイク

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら