つやプラ

つやっときらめく美をプラス

ノーファンデでも肌に自信あり!素肌美人に見せるメイク術

ヘアメイク
mayu3

「ファンデーションを使わなくてもいいメイクをしたいけれど、肌トラブルが気になってできない」というお悩みは多いですよね。

ノーファンデでも肌に自身がつく!素肌美人に見せるメイク術

ヘアメイクやコスメコンシェルジュインストラクターのプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、ファンデーションを使わずにできる素肌を活かしたメイク術をご紹介します。

■素肌美人に見せる!ノーファンデメイク術

(1)スキンケアをしっかりする

スキンケアをしっかりする

すっぴん風メイクで大切なポイントの一つは、「メイク前のスキンケア」です。肌が乾燥しているとくすみやすく、キメも乱れやすくなります。

そのため、スキンケアの仕上げに、肌タイプに合わせた保湿力の高いクリームやオイルを使うことがおすすめです。

たとえば、目の周りやほうれい線周りなどの部分的に乾燥が気になる場合は、ピンポイントで保湿クリームを使うといいでしょう。

(2)「クマ」「シミ」「毛穴」だけをコンシーラーでカバー

「クマ」「シミ」「毛穴」だけをコンシーラーでカバー

コンシーラーは、化粧品のなかで一番カバー力があります。

ファンデーションのように全体につけてしまうと、能面のように凹凸感のない顔に仕上がったり、厚塗り感が出てしまいます。使う場所は目の下のクマや鼻周りの毛穴、シミだけにしましょう。

コンシーラーをつける時は、スタンプを押すように指でトントンと垂直に押します。こするように押すと、コンシーラーがとれてしまうので気をつけましょう。

目の下のクマは、少し赤みのあるコンシーラーがおすすめ

目の下のクマは、少し赤みのあるコンシーラーがおすすめ

目の下のクマは、少し赤みのあるコンシーラーを使うと血色感が出ます。「シミや毛穴用に使っているコンシーラーだとどうしてもクマが浮いてしまう」という時は、クマの部分だけ色を変えるのがいいでしょう。

コンシーラーをつけた後にスポンジでやさしく押さえると、余分な油分をスポンジが吸収して、より肌に馴染みやすくなりますよ。

(3)顔全体にはミネラル系のパウダーをつける

顔全体にはミネラル系のパウダーをつける

仕上げに、ファンデーションではなく、石けんでも落とせるミネラル系のパウダーをつけます。顔全体のくすみが気になる方は、肌のトーンを明るく見せてくれるものや色つきのミネラルパウダーを選ぶといいでしょう。

より自然な仕上がりにしたい方は、ブラシでパウダーをつけるとすっぴん度が増します。パフよりも薄づきになり、ふんわり仕上がりますよ。

ファンデーションを使わなくても、部分的にカバーすることで自分の素肌を活かしたメイクになります。しっかりメイクが好きな方も、肌に負担をあまりかけない「休肌日」をとり入れると、美肌効果が高まりますよ。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュインストラクター、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
メイク前の○○で夜までにじまない眉に!朝するべきこと5つ
奥二重もたるみまぶたも目力UP!目の縦幅を広げるメイク術
劣化&酸化コスメで肌荒れ!?コスメの使用期限&取り扱い法
プラス1で旬顔に!今年らしい秋メイクが楽しめるコスメ4選

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら