つやプラ

つやっときらめく美をプラス

チークで一気に時代遅れ顔に!?老け見えするNGチークって

コスメコンシェルジュ
稲毛登志子

顔色をパッと明るく見せてハツラツとした印象を与えたり色っぽい雰囲気を出せる「チーク」は、アラフォー世代に欠かせないコスメだと思います。

しかし、チークの間違った塗り方をすると、一気に時代遅れな顔に仕上がってしまいます。

チークで一気に時代遅れ顔に!?老け見えするNGチークって

コスメコンシェルジュの筆者が、老け顔を作るNGチークと若作り感を出さない大人のチーク術をご紹介します。

■老け顔を作るNGチーク

数年前に流行った濃いピンクチークをずっと使っている

数年前に流行った濃いピンクチークをずっと使っている

ビビッドなピンクのクリームチークは可愛らしい印象を与えますが、アラフォー世代には手強いカラーです。

このカラーを目のすぐ下に入れたり頬にまるく入れるのは、若い女の子の特権のようなものです。大人がとり入れてもイタイ印象を与えるだけなので注意してください。

色の違うチークでも同じ場所に入れている

最近のチークはカラーバリエーションが豊富なので、色違いやニュアンス違いで複数持っている方も多いようです。しかし、どの色のチークを使っても毎回同じ場所に入れてはいませんか?

カラーによって入れる場所を変えると雰囲気がガラッと変わり、新鮮な気分になりますよ

リップやアイシャドウの色と合っていない

メイクでたくさんのカラーを使うと、おしゃれを通り越して時代遅れの顔に仕上がってしまいます。

ひとつひとつのパーツの色を主張し過ぎない、こなれた雰囲気のメイクを意識しましょう。

■若作り感を出さない大人のチーク術

カラー

ブラウンやベージュ、ピンクベージュ、オレンジなど、トレンドのカラーは多彩ですが共通点は「ニュートラルな仕上がりになる」ものです

ブラウンやベージュ、ピンクベージュ、オレンジなどとトレンドカラーは多彩ですが、大人メイクの共通点は「ニュートラルな仕上がりになる」カラーです。

内側からじゅわっと色がにじみ出るような仕上がりにしましょう。

チームの入れ方

パウダーはふんわり感が大切なので、付属の小さなブラシは使わずに大きめなチークブラシを使いましょう。ブラシでチークをとったら手の甲で一度バウンドさせると、つけすぎ防止になります

パウダー、リキッド、クリームチークのどれを使っても、「透け感」が大切です。

パウダーはふんわり感が大切なので、付属の小さなブラシは使わずに大きめなチークブラシを使いましょう。ブラシでチークをとったら手の甲で一度バウンドさせると、つけすぎ防止になります。

ピンクベージュなら、頬の高い位置にまるく入れても甘くなり過ぎません。リキッドとクリームチークの場合は、ファンデーションの前に入れることで自然に上気したような頬になり、さりげない色っぽさが叶います

ピンクベージュなら、頬の高い位置にまるく入れても甘くなり過ぎません。リキッドとクリームチークの場合はファンデーションの前にチークを入れることで自然に上気したような頬になり、さりげない色っぽさが叶います。

毎日メイクを変える必要はありませんが、メイクの仕上がりが数パターンあると気分転換にもなります。チークを活用して新しい表情を手にいれましょう!

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛登志子
日本化粧品検定1級を取得後、複数のwebメディアで記事を執筆。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信中。)

【関連記事】
デパコスに負けない仕上がりに!?美容家愛用プチプラコスメ
100円で眉完成!?コスパ最強な優秀プチプラアイブロウ3選
黒目がちな瞳になれる!怖くならない大人の目力UPメイク術
色落ちも乾燥も気にならない!大人が使えるティントリップ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら