つやプラ

つやっときらめく美をプラス

脂取り紙で崩れが加速!?パーツ別「やりがちNGメイク直し」

コスメコンシェルジュ
稲毛登志子

朝きれいに仕上げたメイクも、午後になると崩れていることがありますよね。メイク直しをしてすぐに崩れたのなら、メイク直しのやり方が間違っているかも知れません。

美容ライターの筆者が、ついやってしまいがちな「NGメイク直し」をご紹介します。

■ファンデーション編「NGメイク直し」

ティッシュや脂取り紙を使う

メイク崩れが一番目立つのが「ファンデーション」です。時間の経過とともにTゾーンなどがテカりやすくなってしまいます。

これを手っとり早く修正したいからといって、ティッシュや脂取り紙を使うのはNGです。これらを使うと、必要な油分までとり去ってしまいます。

メイク崩れが気になる部分は、水を含ませたコットンでポンポンとやさしく馴染ませましょう。個包装になっている「清浄綿」をポーチに入れておくと便利です。

■目もと編「NGメイク直し」

ヨレを直さず、そのまま上に塗り重ねる

目もともメイクが崩れやすいパーツです。アイシャドウが二重まぶたの溝に溜まったり、アイラインが途中からぼやけてしまったりすることがあります。

そのヨレを直さず、上から塗り重ねるのはNGです。ムラになったアイシャドウの上に重ね塗りをすると、色が濃くなる分、余計にムラがひどくなります。崩れた部分を指でサッとならしてから塗るようにしましょう

アイラインは、綿棒を使ってぼやけた部分をきちんとオフしてから描き直すと、崩れにくくなります。

■眉毛編「NGメイク直し」

油分をとらずに眉毛を描く

出先で鏡を見て、薄くなっている眉毛に自分でおどろくこともあると思います。しかし、慌ててそのまま眉毛を描き足すことはNGです。

眉毛メイクが崩れる原因の一つは「油分」です。コットンなどで眉毛をそっと押さえて油分をとり、パウダーを軽くはたきます。そのあと、スクリューブラシで毛流れを整えてから描き足すと、メイクしたてのような眉毛を再現することができます。

■リップ編「NGメイク直し」

たてジワをケアせずにリップを塗る

食事をしたり会話をしたり、口もとはいつも忙しく動くので崩れが気になりますよね。乾燥によるたてジワをケアしないで、リップを塗るのはNGです。

まずは、たてジワをケアしましょう。バームやリップクリームを多めに塗り、しばらく時間を置いてから一度オフします。このひと手間でたてジワが目立たなくなり、ふっくらとした唇に仕上がります。

乾燥が気になる日はオイルインのリップを選べば、たてジワになりにくくなります。

あなたはNGメイク直しをしていませんでしたか? 時間がないとメイク直しをパパッと終わらせてしまいがちですが、ひと手間かけるときれいな状態を長時間キープできますよ。崩れやすいなと感じたら、ぜひ参考にしてくださいね。

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛登志子
日本化粧品検定1級を取得後、複数のwebメディアで記事を執筆。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信中。)

【関連記事】

その眉は時代遅れ!?やってはいけない大人眉のNGポイント

オバ顔が垢抜ける!?イマドキ顔になれる「メイクの順番」

左右バランスよく眉が描ける!プロが教える「アイブロウテク」

幸せを呼び込む!「ハッピー顔メイク」のコツ4つ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら