つやプラ

つやっときらめく美をプラス

マスクをしてもメイク崩れなし?マスク崩れを防ぐメイクテク

コスメコンシェルジュ
稲毛登志子

マスクをしていると、メイク崩れに悩む方は多いと思います。短時間ならいいのですが、長時間マスクをつけた後の肌は残念なことになっているでしょう。

しかし、仕事の日や誰かと会う日に「崩れるのが嫌だからメイクをしない」というわけにもいきませんよね。

こすれてもメイクが崩れにくい!マスクをする日のメイクテク

コスメコンシェルジュの筆者が、マスクの日でもメイクを崩れにくくするテクニックをご紹介します。

■スキンケア

マスクを使うと呼吸や汗によって蒸れるため、メイクが崩れやすくなってしまいます。

湿気によるメイク崩れを予防するためには、まずスキンケアを見直しましょう。

スキンケアのやり方

基礎化粧品を一つ塗ったら、浸透するまで待ってから次のアイテムを塗ります。こうすることにより保湿成分が肌にしっかりと浸透され、メイク崩れ対策となります。

テカリが気になる時は、ベースメイクの前に一度ティッシュオフをすると良いでしょう。

■ベースメイク

ファンデーションを塗っていると、どうしてもマスクに色移りしてしまいますよね。

そんな時は、ファンデーションよりも下地で肌を補正することがおすすめです。

ベースメイクのやり方

(1)顔全体にトーンアップ系の下地を塗って、肌を明るく見せます。

(2)次に、テカリが気になる小鼻や頬には皮脂や汗を抑えるタイプの下地をONします。

(3)シミや色ムラが気になる部分はコンシーラーでカバーし、顔全体に薄くファンデーションを塗ります。

マスクから出ている目の周りやおでこを重点的に塗り、仕上げにメイクを固定するスプレーを使えばより効果的です。

もし、マスクを外した時にファンデーションがよれていたら、ファンデーション用のスポンジでやさしくなじませると、つるんとした肌が復活します。

■ポイントメイク

朝のメイク時にビューラーを使ってまつ毛を上げていても、マスクからもれる湿気によって気がついた時にはまつげが下がっていることが多いものです。

マスカラを塗る前にカールキープ下地を使い、マスカラは皮脂や汗に強いウォータープルーフタイプを使うことでカールが長時間持続します。

どうしてもまつげが下がる場合

どうしてもまつ毛が下がる場合はマスカラを使ってまつ毛を上げることは止めて、アイラインを主役にした色っぽいたれ目メイク&すだれまつ毛に挑戦してみてはいかがでしょうか?

リップメイク

リップがマスクにつくのを防ぐためには、唇そのものを染めるティントがおすすめです。

リップペンシルを、輪郭だけではなく唇全体に塗ってからグロスを塗る方法も良いでしょう。リップペンシルは落ちにくいものが多いので、ぜひ試してみてください。

マスクが必要な季節は、崩れにくいメイクをして乗り切りましょう。

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛登志子
日本化粧品検定1級を取得後、複数のwebメディアで記事を執筆。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信中。)

【関連記事】
デパコスに負けない仕上がりに!?美容家愛用プチプラコスメ
100円で眉完成!?コスパ最強な優秀プチプラアイブロウ3選
黒目がちな瞳になれる!怖くならない大人の目力UPメイク術
色落ちも乾燥も気にならない!大人が使えるティントリップ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら