つやプラ

つやっときらめく美をプラス

トマトは加熱で美肌力UP!?リコピンの吸収を良くする食べ方

美養フードクリエイター
岩田 まなみ

美容と健康に役立つ野菜としておなじみのトマト。そのまま食べても美味しいトマトですが、美肌のためなら、トマトと相性のいい食材を使って調理して食べるのがおすすめです。

トマトは加熱で美肌力UP!?リコピンの吸収を良くする食べ方

健康と美容に役立つ食スタイルを提案して16年の美養フードクリエイターである筆者が、美肌に役立つトマトの食べ方とレシピをご紹介します!

■「美肌のためのトマトの食べ方」ルール3つ

これで最強!?美肌のためのトマトの食べ方

(1)加熱・粉砕して食べる

これで最強!?美肌のためのトマトの食べ方

美肌に役立つ栄養素としておなじみのリコピンは、お肌に蓄積して、紫外線などで体内に発生する活性酸素からお肌を守る働きのある、いわば「食べる日焼け止め」成分!

このリコピンは、トマトの細胞の中に含まれています。細胞壁は、噛んだ程度では完全に崩すことができません。そのため、加熱・粉砕して細胞壁を壊してから食べることで、リコピンを吸収しやすいかたちで食べることができます。

(2)オリーブオイルと一緒に食べる

これで最強!?美肌のためのトマトの食べ方

リコピンは油に溶けやすい成分のため、オリーブオイルと一緒に摂ることで吸収が高まることが分かっています。

生で食べる場合でも、オリーブオイルを使ったドレッシングを添えていただきましょう。

(3)ニンニク・玉ねぎと食べる

これで最強!?美肌のためのトマトの食べ方

油と一緒に摂ることに加え、油と一緒に加熱することで、リコピンは身体に吸収されやすい構造に変化するのだそうです。

ニンニクや玉ねぎを油でいためると、とてもいい香りがしますね。この香り成分「ジアリルジスルフィド」には、リコピンの構造変化を促す働きがあるそうですから、トマトを調理する際には、ニンニクや玉ねぎと一緒に調理しましょう。

■美肌のためのトマトソースの作り方

美肌のためのトマトソースの作り方

材料(作りやすい分量)

トマト缶 1缶

ニンニク 1かけ

玉ねぎ 1/2個

オリーブオイル 大さじ2

作り方

(1)トマト缶は、ミキサーにかけて滑らかにします。(トマトピューレを使ってもOK)

(2)ニンニクをみじん切りにし、オリーブオイルと一緒に炒めます。 いい香りがしてきたら、みじん切りにした玉ねぎを加え、玉ねぎがしんなりするまで炒めます。

(3)(1)のトマトを加え、中火でお好みの濃度まで煮詰め、塩で味を調えて出来上がり。

(4)煮沸消毒した瓶に詰めて冷蔵庫で4〜5日で食べきるか、冷凍で保存しましょう。

美味しくて美肌に役立つトマトソース。週末に作り置きして、毎日の食生活にトマトソースをプラスしてみてはいかがでしょうか。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ベジフル発酵ジュースとレシピ」(2018年・日東書院本社)、「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

【関連記事】
切り干し大根で腸活!そのまま漬けるだけ作り置きレシピ
太りにくく疲れにくい体に?注目のMCTオイルのメリット3つ
身近な野菜だから腸活が続く!毎日食べたい美腸に導く野菜
1ヶ月で−10歳肌に!?「バナナ」の効果的な食べ方&レシピ

【参考】
トマト大学 医学部 – カゴメ
リコピンの吸収にオリーブオイルが効果的であることを解明 – カゴメ
トマトに含まれるリコピンの構造変化(トランス体からシス体)を促進する新事実を発見 トマトをにんにくやたまねぎ、油と一緒に加熱することで、おいしさだけでなく、リコピンが体内に吸収されやすくなることが期待できる(PDF) – カゴメ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら