つやプラ

つやっときらめく美をプラス

“朝トマト”で抗老化!5分で完成の「朝トマトレシピ」2つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

10月10日はトマトの日だそうですね。美容と健康に役立つ野菜として定番の「トマト」。トマトに含まれるリコピンには、お肌やアンチエイジングのサポートになる働きのあることがわかっています。

“朝トマト”で抗老化!5分で完成の「朝トマトレシピ」2つ

とくに、朝トマトを食べるとリコピンが効率よく身体に吸収されるのだとか。忙しい朝でも5分でできるアンチエイジングのためのトマトレシピを2つご紹介します。

■アンチエイジングのためのトマトの食べ方

(1)朝食べる

私たちの身体には「サーカディアンリズム」といって、体内時計が刻む1日のリズムがあります。そのリズムに従って身体が動いているため、同じ食べものであっても「夜食べたほうが太りやすい」など、時間によって身体への吸収や蓄積が違います。

リコピンは、朝に食べることで身体へ効率よく吸収されることがわかっています。

(2)加熱・粉砕して食べる

ビタミン・ミネラル・ポリフェノールなどの栄養素は、細胞壁という硬い殻の中に存在しています。ですから、熱を加えたり、ミキサーなどで粉砕したりして、細胞壁を壊して食べたほうが、身体への吸収がスムーズになるといわれています。

(3)オリーブオイルや乳製品と一緒に食べる

リコピンは脂溶性のため、油や乳製品と一緒にとることで吸収率が高まります。

オリーブオイルは抗酸化力の高いオイルですし、ヨーグルトやチーズを添えればタンパク質もとれて、アンチエイジング&栄養バランスもいい一品に!

■5分でできる!アンチエイジングのための朝トマトレシピ2つ

(1)焼きトマト

<材料>

トマト 1個
オリーブオイル 適宜

<作り方>

1.5mm程度の厚さにスライスしたトマトを、耐熱皿に並べます。
2.オリーブオイルをかけてトースターで10分程度焼いてできあがり。お好みでチーズをかけても美味しいです。

(2)トマトポタージュ

<材料>

トマト(大) 1個
ヨーグルト 大さじ2程度お好みで
塩 適量

<作り方>

1.トマトをミキサーでなめらかにします。
2.鍋に入れて温め、沸騰直前で火を止めてヨーグルトを加え、塩で味を調えてできあがり。

トマトは、どちらかというと身体を冷やす性質のある野菜です。寒くなるこれからの季節は、ホットトマトレシピがおすすめ。身近で続けやすいトマトですから、毎日の朝食に取り入れてみてはいかがでしょうか。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ)

【関連記事】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
トマト大学 – カゴメ
朝にトマトジュースを飲むと機能性成分“リコピン”が効率的に吸収されることを“ヒト試験”で確認 – カゴメ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

ツヤ肌を叶える「艶肌ファンデーションブラシ」をプレゼント

つるんとツヤのある肌は女性の理想ですよね。ベースメイクで理想の肌を実現しようと思っても、ファンデーションがツヤのない仕上がりになってしまったり、厚塗りになってしまったり…なんてことも。 理想のツヤ肌が …

大人スキンケアへの近道!目指したいのは、潤ってきらめく肌!?

最近、肌つやが足りないと感じていませんか? つやは肌がうるおった状態ではじめて生まれるもの。ですから肌に輝きが感じられないときは、肌が乾燥していたり、くすんでいたりします。 しかも、これから本格的な乾 …

  • アイテム
  • スキンケア
  • ツヤ肌
  • 乾燥肌

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら