つやプラ

つやっときらめく美をプラス

豊富なビタミンB1で肝機能をケア!枝豆が快眠に役立つ理由

理学療法士
矢間あや

ビールのおつまみには枝豆が必ずランクインしてくると思いますが、これは非常に理にかなっている組み合わせなのです。

大豆は”畑の肉”といわれる通り、「タンパク質」が豊富な食べ物です。また、睡眠不足に陥りやすい人は、二日酔いにもなりやすい場合が多いのです。

豊富なビタミンB1で肝機能をケア!枝豆が快眠に役立つ理由

理学療法士の筆者が、良質な睡眠と枝豆の関係についてお伝えします。

■枝豆に含まれる成分

大豆が熟していない青いうちのものを、茎ごと切りとったのが「枝豆」です。

植物性タンパク質が豊富であるほか、「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンC」といったビタミン類や、「カリウム」などのミネラル類も含まれています。実は、ウナギやレバーに匹敵するほどビタミンB1を含んでいます。

枝豆は女性の味方

カリウムの排泄効果による、高血圧改善効果も期待できるといわれています。「大豆イソフラボン」は、女性の強い味方でもあります。

■ビールのおつまみに枝豆がおすすめな理由

枝豆にはアルコールの代謝を助ける「ビタミンB1」や、とりすぎた塩分や水分の排出調整を促す「カリウム」が豊富に含まれています。ビタミンCやビタミンB1とともにアルコールの分解を助け、肝機能の負担を軽減させてくれます。

ビールを飲まないからOKということではなく、普段から肝機能をケアするつもりで枝豆をいただくと良いでしょう

■寝ても疲れがとれないと感じる人に

温度変化や消化器系の衰えからくる食欲不振は、睡眠に大きな影響を与えます。睡眠が十分にとれていないと、疲れがとれないという悪循環を招く場合があります。

エネルギーを作り出すためには、「ビタミンB群」も大切です。ビタミンBを多く含む食品として、枝豆を覚えておいてください。

枝豆は、海外では手軽に食べられると大人気にもなったそうです。さまざまな栄養素がぎゅっとつまった枝豆を、ぜひ味わってみてください。

(著者/講師/理学療法士 矢間 あや)

 

【関連記事】
翌日のお味噌汁を美味しくする!ちょい足し美容食材4つ
納豆にちょい足しで健康&美容効果UP!?おすすめ食材3つ
サバ缶だけじゃない!美容に嬉しい栄養が豊富なおすすめ缶詰
もち麦でヤセ菌を育成!毎日食べたい「もち麦」の取り入れ方

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ライフスタイルの最新記事はこちら